親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 先日、ある弁護士の方の一周忌のご法要の席で、友人の方がお話をされた。それはおおむね次のようなことであった。

 良い弁護士の条件には、三つの「Y」がある。それは柔らかさと、優しさと、勇気である。柔らかさとは、発想の柔軟性(じゅうなんせい)であるが、特に相手の立場になってものを考えるということであろう。自分の正当性のみしか見えないようでは、かたくなでもろい考えしかできない。優しさとは、事実を丁寧に先入観をできるだけ交えずに、起こった事情を見ることであろう。そして、決断に際しては、勇気をもって立つことである。この三つを兼ね備えた場合に、良い弁護士と言われるのだ。亡き彼は、これを満たした立派な弁護士であった、と。

 この三つの条件は、弁護士の活動のみではなく、およそ人間関係にとってたいへん大切な事柄であろう。この第一の「柔軟性」ということを、小生の知り合いのお医者さんの方も、医療行為に当たる者の大事な心構えの一つとして言われていた。症状を正確に把握するためには、先入観を排して、事実を総合的に見抜く必要があり、個体の違いを敏感に感じ取りながら、事態を判断しなければならない。その場合、柔軟(vulnerable)であることが大事だ、と。

 仏教でも、「柔軟心(にゅうなんしん)」の大切さを教えている。ということは、われわれはいつの間にか、自分の考えや発想にかたくなな殻をつけてしまって、そのことを自分でなかなか気づけないものであるということであろう。それに気づくための一つの方法が、相手の立場からものを考えてみるということなのであろう。しかしこれは、実際にはたいへん困難なことである。われわれが自己を愚かな凡夫(ぼんぶ)と自覚し、仏智を、人間を超えた平等の大悲と仰いで、如来のおおいなる願心がいつもわれらをみそなわしていると信じていると、「柔和忍辱(にゅうわにんにく)のこころもいでくべし」と『歎異抄』(第16条)がいうのは、自分から相手の立場に立つというのではなくとも、他(如来)の眼の前に自己を感じているということが、少しずつ人間の自己中心的な固さを柔らかくしてくるのだろう、とも感じられることである。

(2004年2月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②  諸仏の国土とは、大乗仏道の歴史が見出した大いなる法界(大乗無上の菩提の内容)に、僧伽を支えてきた無数の求道者が値遇したことを現わそうとしているのであろう。そこには、果徳の平等性と共に、因位の差異を表している様々の名前によって、諸仏それぞれの因位の過程や求道課題の差異が認められているのである。...
公開講座画像
第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①  親鸞聖人のお言葉には、人間存在のもつ実相への深い洞察とそこから染み出てくるような懺悔の心が感じられる。このことには、その背後に『大無量寿経』にまで煮詰められた大乗仏道の菩提心の歴史があるのであろう。総願から別願を開示して、この大乗の菩提心を掘り下げるべく歩みを進めるところに、「法蔵菩薩」なる人間像が生み出されてきている。...
公開講座画像
第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬  本願によって衆生に開かれる「宗教的実存」とは、いかなる構造として表現し得るものであろうか。その構造解明の手がかりを、横と竪という菩提心のありかたから探ってみた。そして我らに開かれる信心の意味に、この世での生き方に対して、超越的で立体的な空間として本願の信仰空間と言うべきありかたが、教えられていることを了解した。...

テーマ別アーカイブ