親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 宇宙空間には、何かのはたらきが充満しているが、人間にとっては「真空」としか感じられない、ということがある。そのはたらきがあるから、電磁波とか光が伝わるのである、と言われるが、そういうことはよく分からない。普通は時間と空間とを分けて感じたり考えたりしているのだが、そういう「場」では一番の根本のところで、本当は時間と空間とは連関するものであって、人間が感覚できるような状況のみが「実在」しているのではない。「在る」ということと「はたらく」ということが、ひとつだというのである。

 だから、最新の科学的知見は、仏陀のいわゆる「因縁」にして無我だということを、ミクロのレベルで実証しているところがあるとも言われるのである。しかも、それは単なる理論にとどまらず、実際に応用されて現代の先端技術ともなってきているのである。

 ところが、そういうことがいくら証明されたにしても、現実のレベルに埋没しているわれらの日常的意識は、がんとして自我があって、時間と空間がそれぞれあるというように感じて、その感覚それ自身を変革しようとはしないのである。

 普通には、そういう常識的(一般的)感覚で、日常にことさら差し障りがあるわけではない。いな、むしろそういう感覚で生きることが、人間社会の健康性を保持させているようでもある。しかし、最近、それだけではどうにもならないことがあると気づいて、「場」の理論を取り入れて、人間の健康ということを考えようとする人が出てきている。

 われわれが生きているということは、実は気づかずにそれに乗っている「場」があって、それに支えられている。しかし、普段は自覚されるような何かとして現象化していない。忘れられている大地のようなものである。これを自覚することで、われらは本来のいのちのはたらきをよりよく生きられるというのである。

(2005年12月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②  諸仏の国土とは、大乗仏道の歴史が見出した大いなる法界(大乗無上の菩提の内容)に、僧伽を支えてきた無数の求道者が値遇したことを現わそうとしているのであろう。そこには、果徳の平等性と共に、因位の差異を表している様々の名前によって、諸仏それぞれの因位の過程や求道課題の差異が認められているのである。...
公開講座画像
第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①  親鸞聖人のお言葉には、人間存在のもつ実相への深い洞察とそこから染み出てくるような懺悔の心が感じられる。このことには、その背後に『大無量寿経』にまで煮詰められた大乗仏道の菩提心の歴史があるのであろう。総願から別願を開示して、この大乗の菩提心を掘り下げるべく歩みを進めるところに、「法蔵菩薩」なる人間像が生み出されてきている。...
公開講座画像
第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬  本願によって衆生に開かれる「宗教的実存」とは、いかなる構造として表現し得るものであろうか。その構造解明の手がかりを、横と竪という菩提心のありかたから探ってみた。そして我らに開かれる信心の意味に、この世での生き方に対して、超越的で立体的な空間として本願の信仰空間と言うべきありかたが、教えられていることを了解した。...

テーマ別アーカイブ