親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 場(環境)と主体とは、本来生きている事実においては、深い因縁関係によって分かちがたいものである(2006年1月「場について②」)、と述べた。むしろ内に自己を感じ、外に環境を感ずることが、生命の事実だというほうが、生きていることそれ自身に近いのであろう。にもかかわらず、自己は自己として内にあり、環境は外にそれ自身としてある、と私たちは考える。だから、そういうレベルの意識と、生きていることそれ自身の意識とを分けて、前者は普通の意識(第六意識、いわゆる理性作用)とし、その深みにいのちそれ自体を引き受けているような意識を「阿頼耶識(あらやしき)」として明らかにしたのが、唯識思想なのである。

 「恒転如暴流(恒〈つね〉に転ずること暴流〈ぼうる〉の如し)」(『唯識三十頌』〈ゆいしきさんじゅうじゅ〉)と阿頼耶識のはたらきを表現する。「恒転」とは、いつも変化しつづけて一瞬たりとも止まることがない、ということである。なるほど私たちの生命とは、時を感じつつ、念々に生滅しているものである。意識的に時を止めたいということが起こっても、誰も時を止めるということはできない。時が移ることと、いのちが成長し、成熟し、老年に向かっていくことは、いのちが生きていることの必然的な内容である。それを引き受けているものを、「主体」として認めるのである。私たちが考える主体は、たとえ時間は移ろっても自分自身は変わらないぞ、と主張したいのである。でも、そうはいかない。残念ながら、どんな人も必ず時の移ろいを自己に引き受けていかざるをえない。黙ってそういう時の移ろいを自己に引き受けているものを、「阿頼耶識」というのである。この意識は、一切の経験を黙って引き受けて自己自身としていくのである。自己が出合う事実を、好き嫌いを選ばないで、すべて自己自身としているのである。「摂(せっ)して自体となし、安危(あんき)を同ずる」(『成唯識論』〈じょうゆいしきろん〉)とも言われる。自己の生きている事実に与えられてくるすべての事件を「摂する」。一切を引き受けて自分自身であるとして歩んでいく。そこには「安全」な場合ばかりでなく、「危険」極まりないこともあろう。そういう成り行きを自己自身としているはたらきがあるではないか、というのである。

 私たちを支え、私たちが「良いの、悪いの」と言っている人生の事実を、黙って引き受けてくれているものがあると気づきなさい、ということなのであろう。

(2006年2月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ