親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

第207回「〈願に生きる〉ということ」③

 親鸞による本願の受け止めとしての信心は、「本願を信受するは、前念命終なり。即得往生は後念即生なり」(『愚禿鈔』、『真宗聖典』430頁)に、見事に結実している。その背景には、『教行信証』「信巻」の厳密な内省的考察があることは言をまたない。真実信心の発起する根本原因を、第十八願にあると見定めた親鸞は、それに対応する機の願(第十九・二十願)によって、「化身土巻」の内容を考察していかれた。その発想の気づきは、願自身を表現している「言葉」の重視とその熟察からきていると思われる。

 その証拠と言うべきは、それぞれの願を立てて考察を進めるについて、願名を確認していることである。その時にそれぞれの願名を表現している言葉を列挙するという方法をとっている。その列挙の次第を挙げてみよう。

 第十九願については、「修諸功徳の願」、「臨終現前の願」、「現前導生の願」、「来迎引接の願」と並べて、最後に「至心発願の願」と押さえている(『真宗聖典』326327頁参照)。

 第二十願については、「植諸徳本の願」、「係念定生の願」、「不果遂者の願」と並べて、「至心回向の願」と結んでいる(『真宗聖典』347頁参照)。

 それに対して、第十八願の場合には、まったく異なる扱いをしている。まずは、「念仏往生の願」と出して、「この大願を選択本願と名づく」(『真宗聖典』211頁)と、師・源空から伝承された願名を掲げている。そして、「本願三心の願」の名を出し、「至心信楽の願」と言った後に「往相信心の願」と結んでいる(同前参照)。

 第十八願についてこういう扱いをするのは、法蔵願心が十方衆生に「至心に欲生せよ」と呼びかけるに当たって、他の機の願には,欲生する条件とでも言うべき条項が並べられているのだが、この第十八願には何の条件も立てずに、直接「至心に欲生せよ」と呼びかけているからである。この願を「根本本願」であると見立ててきた浄土教の伝統は、唐の善導において見事に花開いたのであろう。善導の二河の譬喩に表された表現は次の様である。「汝一心に正念にして直ちに来たれ、我よく汝を護らん」(『真宗聖典』220頁)。

 この「汝」とは、浄土に願生する行者であり、「我」とは浄土の主たる「阿弥陀如来」である。この「一心に正念にして直ちに来たれ」こそ、大悲の本願が行者に呼びかけてやまない勅命としての「欲生」する心であると、親鸞は読み取ったのである。

 そして、「この大願を選択本願と名づく」とは、異訳の〈無量寿経〉が法蔵菩薩の本願発起の仕事を「選択」であると語っているところを、源空が特に選び取られたことに由来するものである。

(2020年9月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②  諸仏の国土とは、大乗仏道の歴史が見出した大いなる法界(大乗無上の菩提の内容)に、僧伽を支えてきた無数の求道者が値遇したことを現わそうとしているのであろう。そこには、果徳の平等性と共に、因位の差異を表している様々の名前によって、諸仏それぞれの因位の過程や求道課題の差異が認められているのである。...
公開講座画像
第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①  親鸞聖人のお言葉には、人間存在のもつ実相への深い洞察とそこから染み出てくるような懺悔の心が感じられる。このことには、その背後に『大無量寿経』にまで煮詰められた大乗仏道の菩提心の歴史があるのであろう。総願から別願を開示して、この大乗の菩提心を掘り下げるべく歩みを進めるところに、「法蔵菩薩」なる人間像が生み出されてきている。...
公開講座画像
第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬  本願によって衆生に開かれる「宗教的実存」とは、いかなる構造として表現し得るものであろうか。その構造解明の手がかりを、横と竪という菩提心のありかたから探ってみた。そして我らに開かれる信心の意味に、この世での生き方に対して、超越的で立体的な空間として本願の信仰空間と言うべきありかたが、教えられていることを了解した。...

テーマ別アーカイブ