親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 親鸞の視点には、いつも自分を自分のへそのあたりから見るようなところがある。決して頭の上から見下ろすことをしない。かといって、自分の外部から突き放して見るのでもない。内臓の中にあたかも内部を照らす鏡を置くように、じっくりと自分を見つめていくのである。その眼で同時代の人間のありさまを見据え、その鏡で過去・未来・現在の濁世(じょくせ)の本質を見抜いていくのである。

 私たちの生活している場所を、「濁世」という。その濁りは、工場排水がきれいな川を汚しているようなことではない。人間の生活の一部からこの環境を汚すこともある、というのではない。その濁りの本質は、自分のへそからみた、自分自身の濁りと同じ質であるというのである。

 普通、私たちはいつも自分自身のことはさておいて、「この世はひどく汚い」と感じ、他人には「ひどいやつだ」と思い、したがって、「この人間世界がだめなのだ」と批判するのである。ところが、親鸞という人は、そういうふうに感じたり見たりしている眼を、自分のへそのあたりに据え付けてくるのである。頭の上から人生を見下ろし、他人を批判するのでなく、へそのあたりから見ている自分自身と世界とを重ね合わせて、全体に響いてくるような真理からの呼びかけを、じっと聞いていくのである。

 「眼に聴覚を重ねるのだ」といってもよいかもしれない。眼で見るということは、眼の性質上、自分の外のものや事象を見ていくことである。眼は眼自身を見ることはできない。眼で世界を見ていくのが、人間の普通のものの見方である。それを先程は、頭の上から見下ろすといったのである。さらにいうなら、自分の眼には、生まれてこのかた、自分の経験によって蓄積された色づけがある。その色づけのぐあいも、自分の眼からは見えない。いうならば、サングラスをかけてものを見ているとき、サングラスの色を自分で気づくことができないようなものである。その色の濁りを感知するような感覚を、たとえて聴覚というのである。

(2003年6月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②  諸仏の国土とは、大乗仏道の歴史が見出した大いなる法界(大乗無上の菩提の内容)に、僧伽を支えてきた無数の求道者が値遇したことを現わそうとしているのであろう。そこには、果徳の平等性と共に、因位の差異を表している様々の名前によって、諸仏それぞれの因位の過程や求道課題の差異が認められているのである。...
公開講座画像
第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①  親鸞聖人のお言葉には、人間存在のもつ実相への深い洞察とそこから染み出てくるような懺悔の心が感じられる。このことには、その背後に『大無量寿経』にまで煮詰められた大乗仏道の菩提心の歴史があるのであろう。総願から別願を開示して、この大乗の菩提心を掘り下げるべく歩みを進めるところに、「法蔵菩薩」なる人間像が生み出されてきている。...
公開講座画像
第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬  本願によって衆生に開かれる「宗教的実存」とは、いかなる構造として表現し得るものであろうか。その構造解明の手がかりを、横と竪という菩提心のありかたから探ってみた。そして我らに開かれる信心の意味に、この世での生き方に対して、超越的で立体的な空間として本願の信仰空間と言うべきありかたが、教えられていることを了解した。...

テーマ別アーカイブ