親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

第24回

 「他力」とは、「努力のないこと」というなら、何もしないことなのか。どうも、他力というと自分は何もしないで、与えられてくることを拱手傍観(きょうしゅぼうかん)していることと理解されている。あるいは、「状況に対して、ただそれで仕方ない」として、逃避的であることのように考えられている。それに対して、「他力の努力」ということを提出して、他力における努力を考えよう、というのが加藤典洋さんの問題提起であった(日本の現状と宗教の可能性―超越性と現代の文学をめぐって―『現代と親鸞』第8号 親鸞仏教センター刊)。

 そのお話のなかで、自力の超越性として、それを求める努力がオウム真理教の試みであって、それが挫折したことの影響が、「1995年の骨折」と加藤さんご自身が名づけるような現象として文学に現れているという分析をされていた。自力による超越への試みが挫折したからには、他力による超越しか道はないであろうと。

 その場合の「自力」とは、何であるのか。またそれに対応する「他力」とは何であるのか。そのことが、私にはいまひとつわからなかったのではあるが、自力とは自分の努力・精神的な集中力というようなことであろうか。そういう努力が、普通の人間の置かれている状態からの超越の要求に何らかの応答を示すだろうという考えが、「自力」と言われるのであろうか。

 人間存在は、「人と人の間」に生きている。だから、Zwischen-menschlichkeit(間としての人間性)などと言わないでも、世間を生活の場にしているのが「人」だと言えばよい。この世間を生きている人が、世間に対して、自分の意志や価値判断をもって立ち上がろうとするときに、自己を取り巻き、自己の生活の場となっている世間と、それを場として生きている自己とが、対立したり矛盾したりする。自分が自分の生きている「場」と分離するということは、自分の立っている大地が大地震を起こすとき、そのままではそこに立ち上がることができなくなるようなものである。

 いわば、そういう譬喩(ひゆ)で表せるような事態に、自分がどうすればよいのかと投げ出されたとき、自分の努力とは、いったいどれほどの力となるのであろうか。こういう事態にぶつかるのが、現代の人間生活の必然とも言える。近代以降の人間が政治体制のなかで、植民地の取り合いや、近代国家同士の利権がらみの争いや、さらには世界全体が戦争状態となっていったりするときの、一個人の位置は、大地が揺れるときの「立っていようとする努力」に比せられるようなところがあろう。そのときに、いっしょに揺れて、揺れを増大させるのでなく、それを止める方向への運動があり得るとするなら、どういうスタンスなのであろうか。

 例えば、現代のエネルギー多消費の事態に、いささかなりとも省エネの生活を実践するというようなことの「大切さ」は言うまでもない。しかし、世間の洪水のような風潮を止めることはできないであろう。大地のような「世間」から、「足を抜く」ことはできない。だからと言って、大地を離れるような超越を求めるなら、「人間」のあり方そのものを否定することになる。ブランコの揺れに喩(たと)えるなら、揺らす方向に動かされるのでなく、じっとしていることが、止まっていくことになってくることもある。そのとき、そのじっとしているという意志を「他力の努力」とでも言うのかもしれない。

(2005年5月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 「他力」とは、「努力のないこと」というなら、何もしないことなのか。どうも、他力というと自分は何もしないで、与えられてくることを拱手傍観(きょうしゅぼうかん)していることと理解されている。あるいは、「状況に対して、ただそれで仕方ない」として、逃避的であることのように考えられている。それに対して、「他力の努力」ということを提出して、他力における努力を考えよう、というのが加藤典洋さんの問題提起であった(日本の現状と宗教の可能性―超越性と現代の文学をめぐって―『現代と親鸞』第8号 親鸞仏教センター刊)。

 そのお話のなかで、自力の超越性として、それを求める努力がオウム真理教の試みであって、それが挫折したことの影響が、「1995年の骨折」と加藤さんご自身が名づけるような現象として文学に現れているという分析をされていた。自力による超越への試みが挫折したからには、他力による超越しか道はないであろうと。

 その場合の「自力」とは、何であるのか。またそれに対応する「他力」とは何であるのか。そのことが、私にはいまひとつわからなかったのではあるが、自力とは自分の努力・精神的な集中力というようなことであろうか。そういう努力が、普通の人間の置かれている状態からの超越の要求に何らかの応答を示すだろうという考えが、「自力」と言われるのであろうか。

 人間存在は、「人と人の間」に生きている。だから、Zwischen-menschlichkeit(間としての人間性)などと言わないでも、世間を生活の場にしているのが「人」だと言えばよい。この世間を生きている人が、世間に対して、自分の意志や価値判断をもって立ち上がろうとするときに、自己を取り巻き、自己の生活の場となっている世間と、それを場として生きている自己とが、対立したり矛盾したりする。自分が自分の生きている「場」と分離するということは、自分の立っている大地が大地震を起こすとき、そのままではそこに立ち上がることができなくなるようなものである。

 いわば、そういう譬喩(ひゆ)で表せるような事態に、自分がどうすればよいのかと投げ出されたとき、自分の努力とは、いったいどれほどの力となるのであろうか。こういう事態にぶつかるのが、現代の人間生活の必然とも言える。近代以降の人間が政治体制のなかで、植民地の取り合いや、近代国家同士の利権がらみの争いや、さらには世界全体が戦争状態となっていったりするときの、一個人の位置は、大地が揺れるときの「立っていようとする努力」に比せられるようなところがあろう。そのときに、いっしょに揺れて、揺れを増大させるのでなく、それを止める方向への運動があり得るとするなら、どういうスタンスなのであろうか。

 例えば、現代のエネルギー多消費の事態に、いささかなりとも省エネの生活を実践するというようなことの「大切さ」は言うまでもない。しかし、世間の洪水のような風潮を止めることはできないであろう。大地のような「世間」から、「足を抜く」ことはできない。だからと言って、大地を離れるような超越を求めるなら、「人間」のあり方そのものを否定することになる。ブランコの揺れに喩(たと)えるなら、揺らす方向に動かされるのでなく、じっとしていることが、止まっていくことになってくることもある。そのとき、そのじっとしているという意志を「他力の努力」とでも言うのかもしれない。

(2005年5月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ