親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 古代人の「神通力(じんずうりき)」への要求とは、人間が有限であることを、いやというほど日常の万事百般で知らされて、自分に無限なる力を貸して欲しいという要求なのではなかろうか。それでは、なぜ科学技術の応用によって人間の要求が満たされてきた現代になって、神通力などということが欲しくなるのか。

 昔から神通力を六つの範疇(はんちゅう)でかぞえている。六神通というのは、天眼(てんげん)・天耳(てんに)・他心(たしん)・宿命(しゅくみょう)・神足(じんそく)・漏尽(ろじん)の通力とされる。このなかで、自分の外部のことに対して、見通す能力を増幅したいというのが、天眼・天耳・他心・神足の四通力であろう。

 「天眼通」は、どのような遠方のこともはっきりと見抜きたいという要求であるが、これは望遠鏡や顕微鏡などで人間の眼を補って、いろいろな事実を見抜く器具が開発された。遠い彼方ということに、距離だけでなく時間的な未来を含んで、預知能力などもこの神通力に加えることもある。これも物理的な計算可能な因果であるなら、ほとんどコンピューターで予測されるであろう。「天耳通」とは、どんなことをも聞き届ける力である。これも今は、電話やテープレコーダーやCDを始めとして音を増幅したり、保存したり、あるいは電波で飛ばしたり、昔なら超能力者でもできなかったようなことが可能となっている。「神足通」とは、一挙に遠いところへ飛んでいくような速い足への要求である。これも自動車・列車・飛行機、さらにはロケットなど、工学的技術で可能にしてきた。

 「他心通」とは、他人の心を読み抜く能力である。どうも現代の技術や検査器具が苦手なのは、この方面であろう。人間の内面に起こっている「心理作用」をデーターにしたり、図表にしたり、記号化したりすることはまだできていない。例えば、「痛み」ということでも、器具で計って数量化したり、その性質を特定したりすることは、全然できないそうである。神経の痛みであっても、外からは計量できないのである。まして「こころ」の痛みをやである。

 「宿命通」とは、自他の生命の背景である過去についての認知能力である。これも現代の科学的な対象化する認識になじまない分野である。「漏尽通」とは、煩悩を蕩尽(とうじん)しつくすというか、有漏(うろ)の濁りを浄化する力である。これももちろん物質的な方法で成就するものではない。これを薬品・麻薬などで起こす疑似体験でごまかすことは、真の智慧による人間解放ではない。六神通が、六神智通ととかれていることにあらためて注目される。

 こうしてみると、科学技術で手中にできた能力からまったくこぼれ落ちているのが、人間の内面の精神的な「こころ」についてのことだったと言えるのではなかろうか。これに対して、現代の若者が素朴な疑問と神秘的な能力への要求に動かされているということなのではないか。

(2003年10月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ