親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 一如は、真如とか法性とか、さらには涅槃などとも同義語であると親鸞は見ている。これらの言葉を、「必至滅度の願」に応ずる真実証の内容であるとして、「証巻」の始め(『真宗聖典』279頁参照)に列記しているのである。ちなみに、必至滅度の願を異訳の『無量寿経』(唐訳・『無量寿如来会』)の第十一願に由って、「証大涅槃の願」(『真宗聖典』280頁)とも言われている。だから、滅度や大涅槃も、一如とか法性と同義語だとしているのである。

 この一如や法性は、「無為法」に属する概念であるから、不生不滅・不去不来であり、不変なることと定義される事柄である。親鸞は、本願の経説は、この不変なるものを、苦悩の闇に沈淪する衆生に触れさせるために、物語として立ち上がったものだ、といただかれた。だから、「一如宝海よりかたちをあらわして、法蔵菩薩となのりたまいて、無碍のちかいをおこしたまうをたねとして、阿弥陀仏となりたまう」(『一念多念文意』、『真宗聖典』543頁)と言われるのである。

 われらは、末法濁世の苦悩の有情であると言われる。時代が釈迦如来の在世からはるかに隔たって、もう釈尊教の教え方では、如来の境地を衆生が獲得(ぎゃくとく)することはできないのだ、と。これは時代を生きる機が「理深解微(りじんげみ)」(『安楽集』)であるとも言われるが、人間の理性がだんだん進歩するという考え方に対して、仏法に触れるための自覚からますます隔たっていくという人間観なのである。

 そもそも、人間の罪は「分別」にあるということが、大乗仏教の見方である。我執の奥に「法執」があり、煩悩障より深く、「所知障」、つまり菩提を障(さ)えるような分別がある。これを人間の深い罪だとするのである。理知がはびこり、分別でがんじがらめになっていく方向は、まさにますます末法濁世の方向なのである。現代の情況で言うなら、たとえば、情報化社会のなかで、いよいよ管理体制が厳しくなっていると言われる。国民総番号体制などが敷かれるなどとも言われる。こうなると、個人の自由はどうなるのか。なんだか、ますます窮屈で自己の生命の独自の豊かさが剥奪されていくような気がするではないか。

 たしかに、人間が時間をかけて、労力を費やして成し遂げるしかなかった事柄を、機械や器具で容易に短時間で仕上げられるようになった。それで、はたして人間にゆとりの時間がもたらされたのであろうか。耳にするのは、コンピューターが日常化して、ますます多忙になったという言葉である。新幹線網が充足して、日帰り出張になって、ゆっくり旅行気分に浸ることなど無くなったとも言われているのである。

(2012年10月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①  親鸞聖人のお言葉には、人間存在のもつ実相への深い洞察とそこから染み出てくるような懺悔の心が感じられる。このことには、その背後に『大無量寿経』にまで煮詰められた大乗仏道の菩提心の歴史があるのであろう。総願から別願を開示して、この大乗の菩提心を掘り下げるべく歩みを進めるところに、「法蔵菩薩」なる人間像が生み出されてきている。...
公開講座画像
第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬  本願によって衆生に開かれる「宗教的実存」とは、いかなる構造として表現し得るものであろうか。その構造解明の手がかりを、横と竪という菩提心のありかたから探ってみた。そして我らに開かれる信心の意味に、この世での生き方に対して、超越的で立体的な空間として本願の信仰空間と言うべきありかたが、教えられていることを了解した。...
公開講座画像
第228回「悲しみに秘めた讃嘆」⑫
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第228回「悲しみに秘めた讃嘆」⑫  我らの現実の生存において、宗教的実存を求めてこれを成就するとは、どういうことであろうか。本願の仏教では、阿弥陀如来の本願を信じ、自己の有限なる生存をそのままにして(煩悩具足と信知して)「浄土」に往生し、阿弥陀如来の苦悩の衆生を摂取せんとする志願に随順して衆生済度の志願を輔翼することである、と教えられている。この願心に随順することによって、阿弥陀如来と平等なる仏陀(諸仏)になる、と願われているのである。...

テーマ別アーカイブ