親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 精神世界のことがブームなのだそうである。その背景をすこし考えてみたい。

 現在の情況の一つに、次のようなことがある。物質の性質やその研究・応用がかなり突き詰められて、入り口が違っているのに、ほとんど同じ対象が問題になるようになっている。たとえば、生物学や植物学と動物学・医学・薬学ということなら、数十年前までは全く異なる対象が問題になっていたであろう。ところが現在では、それらの先端の課題は、皆ミクロの遺伝子レベルのことが関心になってきているらしい。蛋白質の基本になる分子が解明されたのは、もう30年も以前である。そのつながりの構造の解明に、さまざまな学問分野が一斉にとりかかって、つい最近、とうとう人間の遺伝子の構造が、完全に解明されたというのである。

 一方、天文学や地球物理学の分野では、宇宙の始まりや現在までの時間というようなことが、ほぼ完全に解析されたとも言われている。 そういうように、われわれを取り巻く自然界やわれわれ自身を構成し、成立させている時間・空間のあり様や物質的な構成が、判然と解明され、記述されているという。ところが、現に生活しているわれわれ自身は、生まれて生きて死んでいく有限な存在として、自分自身のことも自分を取り巻く自然界や人間社会のことも、よくわかっているわけではない。

 確かに、科学技術や工業製品のおかげで、生活の具体的な内容は便利になり、皆が平等に情報を共有できるようになり、世界中の出来事を居ながらにして知ることもできるようになった。けれども、その生活の具体的な事実の内実を少し掘り下げてみると、見聞きするものはオーディオ・ビジュアルの機材をとおしたものであり、味には化学調味料が添加され、香料も化学合成され、明るさは電灯により、空調も乗り物もというように、ほとんどあらゆるものが、人間の技術による変換を経たものであることがわかる。

 ふと生きている自己の内容について、これは実像なのか虚像なのかというような不安感にもよおされたとき、現代情況を生きるわれわれは、おそらく底なしのバーチャル・リアリティーの宇宙に漂っていることを感ずるであろう。そうしてみると、このごろの精神世界への好奇心とは、古代人の「神通力(じんづうりき)」への要求と重なるものがあるのではなかろうか、と感じられてくるのである。

(2003年9月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①  親鸞聖人のお言葉には、人間存在のもつ実相への深い洞察とそこから染み出てくるような懺悔の心が感じられる。このことには、その背後に『大無量寿経』にまで煮詰められた大乗仏道の菩提心の歴史があるのであろう。総願から別願を開示して、この大乗の菩提心を掘り下げるべく歩みを進めるところに、「法蔵菩薩」なる人間像が生み出されてきている。...
公開講座画像
第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬  本願によって衆生に開かれる「宗教的実存」とは、いかなる構造として表現し得るものであろうか。その構造解明の手がかりを、横と竪という菩提心のありかたから探ってみた。そして我らに開かれる信心の意味に、この世での生き方に対して、超越的で立体的な空間として本願の信仰空間と言うべきありかたが、教えられていることを了解した。...
公開講座画像
第228回「悲しみに秘めた讃嘆」⑫
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第228回「悲しみに秘めた讃嘆」⑫  我らの現実の生存において、宗教的実存を求めてこれを成就するとは、どういうことであろうか。本願の仏教では、阿弥陀如来の本願を信じ、自己の有限なる生存をそのままにして(煩悩具足と信知して)「浄土」に往生し、阿弥陀如来の苦悩の衆生を摂取せんとする志願に随順して衆生済度の志願を輔翼することである、と教えられている。この願心に随順することによって、阿弥陀如来と平等なる仏陀(諸仏)になる、と願われているのである。...

テーマ別アーカイブ