親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 「他力」という考え方には、私たちの日常の経験で、当然とされていることとの間の食い違いのようなことがある。普通、日常の人間の営みは、自分のことには自分の判断とその結果への責任があるとされていて、これが「自業自得(じごうじとく)」という言葉で押さえられている。

 だから、自分の努力や精進によって、それ相応の結果が与えられるものだ、という信頼が人間関係を安定したものにしているところがある。

 最近の金融の危機に際して、どこの金融機関との関係をもつかは、「自己責任」だということがいわれた。一般的にどういう関係を取るかというときでも、それに当たっての選択は自分で選ぶのが当然である。しかし、この場合には、一般の市民には選ぶための正しい情報がほとんど与えられていないのに、選んだ責任は自己責任だというのはおかしい、といわれてもいた。危機的状況にある金融機関を、それにもかかわらず自分であえて選ぶという場合の自己責任とは話が違うからである。  この場合に歴然としているように、われわれは与えられた状況のなかで、それなりに自分の選びで自分の状況を選んだり、選びなおしたりして生きていくのだから、結局、自分に与えられてくる事態は、自分の責任なのだということが常識になっている。それに対して、「他力本願」は、自己責任の放棄か責任回避ではないか、という非難がこの言葉の使われる場合に、いつも付いてまわる付帯するのではなかろうか。

 「他力の努力」という言葉で、その疑難の壁に風穴を開けたいというのが、加藤典洋先生(早稲田大学国際教養学部教授、文芸評論家)の思いなのであろうかと思う。他力というとその力は自分の外から、いわば運命的にはたらくもののように思うのだが、もともとこれは仏法に触れていくための「増上縁(ぞうじょうえん)」(一切の条件)を表そうとするために、曇鸞大師(どんらんだいし:北魏の僧476~542)が使われた言葉であった。世俗を生きるわれら凡夫が、純粋清浄なる仏陀の智慧に触れるための条件は、人間を超えた仏陀からのはたらきによる他はないということだったのである。自分からの選びの可能性が全くないというべきか、あるいは選びそれ自体も、すでに運命的に与えられた仏陀からの力なのだ、と信知するような意味なのである。

 「自業自得」という言葉に関連して言うなら、自業のなかには、濁世(じょくせ)の行為のみしかないし、それは迷没流転の積み重ねでしかありえない。仏法からするなら、自分という存在は、すべて与えられた状況を、与えられた生命の力によって生かされている、と頷くことだというのであろうか。一応、自己責任と言ってみても、大きくは歴史的にも状況としても、運命的なのだ、いうことなのかもしれない。

(2005年7月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ