親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 天親の『浄土論』を菩提流支三蔵(ぼだいるしさんぞう)が翻訳した。後に『解深密経(げじんみっきょう)』の経名で訳される唯識思想の根本経典を、『深密解脱経(じんみつげだつきょう)』の名で翻訳し、天親の『十地経論』をも訳した菩提流支が、この『無量寿経優婆提舎願生偈(むりょうじゅきょううばだいしゃがんしょうげ)』(『浄土論』)を訳しているということに、すでに大事な意味があるのではないか。

 そして、この翻訳の会座(えざ)で菩提流支に出遇った曇鸞が、仙経を焚焼したと伝えられる回心(えしん)とともに、浄土教を受け取ったとされるのは、後に渾身の力をこめて注釈をした『浄土論』を受け取ったと考えることが自然なのだと思う。その『浄土論』を書いた天親は、唯識思想を兄の無著(むぢゃく)から受け継いで、『二十頌唯識論』を書いて一切唯識の旗幟(きし)を鮮明にし、さらには『唯識三十頌』にまとめ直した。その天親と同時代に北インドで学んで翻訳三蔵として中国に渡った菩提流支が、天親の『浄土論』製作の経緯について何らかの教示を曇鸞に与えたと言うことも十分推察されうるであろう。

 その曇鸞が菩薩道の難関にかかわって、天親がこの『無量寿経』による論を作ったのだと記述していることは、見逃してはならない事柄だと思うのである。

 七地沈空(ちんぐう)の難を乗り越えられるのは、「諸仏の加勧(かかん)」を受けるからだとされる。この諸仏の加勧ということと、「上に諸仏の求むべきを見ず」という難関に落ち込む求道の問題が、法蔵願心の教えに関係するのではないか、と思われる。沈空の難の本質は、自己の精神的な煩悶の根を菩薩道の修練で断ち切ったと感ずるところにある。自己の内なる迷妄の根を断ち切ったことによって、生きるところに起こる諸問題に少しも問題性を感じなくなる。これは、阿羅漢果(あらかんか)に至った小乗の聖者と同じ精神的境位であろう。確かに個人的には苦悩を超えたと言えるのであろうが、衆生の苦悩にまったく共感することが無くなるのである。

 法蔵願心が苦悩の衆生の救済を自己の課題として、「兆載永劫(ちょうさいようごう)」(『真宗聖典』27頁参照)に歩み続けて「志願無倦(しがんむけん)」(同前)であるとされるのは、この個人関心的救済への沈没を突き抜けていることを表している。

 『華厳経』が語る無窮極の求道は、諸仏が求めて出遇ってきた法性平等から出発している。換言すれば、大涅槃から出発している。法蔵菩薩も、一如宝海(いちにょほうかい)から立ち上がったのだという親鸞の表現には、諸仏の加勧と同じ地平の願心への共感が秘められているのではないか。

 曇鸞が「法性法身に由って方便法身を生ず。方便法身に由って法性法身を出だす。」(『真宗聖典』290頁参照)と表したことは、形ある荘厳となっても形なき法性を失わず、有限に手がかりを表して、少しも無限の本質を失わないという、大乗の菩薩道を支える求道心を、法蔵菩薩に仰いでいるということなのであろう。

(2014年6月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ