親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 「濁浪滔々(だくろうとうとう)の闇黒世裡(せり)」(清沢満之「他力の救済」)を避けることができない人生の場所として、逃げることなく引き受けているのが、我らの身体である。「身体髪膚(はっぷ)これを父母に受く」(私たちの身体のすべては父母から与えられたものである)とは、我らの命が、父母を縁としてこの世に与えられたものであることを言い当てている。すなわち父母は、自己にとっては欠くことのできない原因の一つなのである。しかも、自分からはこれを自由に選ぶことはできない。そういう意味では、自分の存在にとって、両親は運命的に与えられているとも言える。

 そして、生活が開かれてくると、その生活の場所もそこで関係する人間も、広く言うなら、時間的・空間的な限定のすべてはすでに自己に与えられていて、それが自己の存在の条件となっている。これもある意味で、運命的な所与である。我らのいのちの場所のすべて(身体も環境も)が、我らの「選択」する余地のないところにすでに与えられたところから出発しているのである。我らの存在には、我ら自身がどれだけ否定的に考えようとしても、我らを超えた因縁がすでに存在そのものの根底に与えられているのである。

 しかし、我らは自己を、自分自身に対する深い愛着とともに感じて、自分は自分であろうとするし、自分で納得のできるような自分になりたいと要求もする。そういう要求に目覚(めざ)めるとき、自己にすでに与えられているすべての条件は、まったく不条理としか言いようがない。自己の選ぶ余地のない前提条件なのであるから。

 したがって、我らは「この世は自己を縛り自己を苦しめる『暗黒世裡』だし、そこに生を受けた自分には責任はないのに」と恨(うら)む心が起こるのを止められないのである。そして、自己の要求が満たされるような条件に変革したいと欲求してやまないのである。このことを社会評論家の芹沢俊介さんは、生まれた子どもには責任がないのだから「イノセンス」(無垢〈むく〉)であり、そのことを親なりに認めてもらえば「イノセンスの解体」が起こって、自分自身を肯定できるようになるのだ、と言われる。たしかに一応はそうかもしれない。しかし、我らの、現世に対する不平不満や自分自身のありかたへの欲求不満は、やはり消えることはないのではないか。
ところが、これを「清風掃々(そうそう)の光明界中に遊ぶ」といただく、と清沢満之は言う。これを他力の信心のもたらす智慧だという。つまり、絶対に自己を超えた不条理の所与を、すべて自己の存在の事実として受け取り直すということなのであろう。すでに与えられている所与としての自己を、それ以外の自己はない、自己を超えて与えられた事実こそが自己自身だと本当に見直す智慧が、存在を光のなかに回復する力をもつというのであろう。

(2004年11月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ