親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

バナーフォーマット1
開催中
テーマ:「交差する世界――浄土と穢土」
2022年12月14日〜2023年2月15日

毎週水曜日(1/4を除く)

どなたでもご参加いただけます
バナーフォーマット1
テーマ:「交差する世界――浄土と穢土」
2022年12月14日〜2023年2月15日

毎週水曜日(1/4を除く)

どなたでもご参加いただけます
バナーフォーマット1
テーマ

「交差する世界――浄土と穢土」

2022年12月14日〜2023年2月15日

毎週水曜日(1/4を除く)

どなたでもご参加いただけます

センターからのお知らせ

_2047760
次回:2/13
連続講座「親鸞思想の解明」
『一念多念文意』講読

所長 本多弘之による連続講座
どなたでもご参加いただけます
_2047760
次回:2/13
連続講座「親鸞思想の解明」
『一念多念文意』講読

所長 本多弘之による連続講座
どなたでもご参加いただけます

最新のコラム・エッセイ

飯島孝良顔写真
今との出会い第236回「想いだされ続けるということ――「淵源(ルーツ)」を求めて」
今との出会い第236回「想いだされ続けるということ――「淵源(ルーツ)」を求めて」 親鸞仏教センター嘱託研究員 飯島 孝良 (IIJIMA Takayoshi)  ラジオ界やテレビ界を支えた稀代の放送作家・タレントの永六輔(1933~2016)は、繰り返しこう述べていた――   「人間は二度死にます。まず死んだ時。それから忘れられた時」...
公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
宮部峻顔写真
今との出会い第235回「太った白人の家族――ネブワース2022旅行記」
今との出会い第235回「太った白人の家族――ネブワース2022旅行記」 親鸞仏教センター研究員 宮部 峻 (MIYABE Takashi)  今年の6月、常勤研究員として着任して早々、有給休暇をいただき、5年ぶりにイギリスを訪れることができた。目的は私が尊敬してやまない人物の一人である唯一無二のロックンロール・スター、リアム・ギャラガーのネブワース公演を観に行くことであった。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
谷釜智洋顔写真
今との出会い第234回「「適当」を選ぶ私」
今との出会い第234回「「適当」を選ぶ私」 親鸞仏教センター研究員 谷釜 智洋 (TANIGAMA Chihiro)  東京はセカセカした街と感じることがある。立ち止まった途端に取り残される気がする。だから、私は余計に張り詰める日々を過ごしているのだと思う。  5lack(スラック)というラッパーには、ことさら影響を受けた。かれの名のりである...
定例講座タイトル
次回:2023/3/15
講師:加来 雄之
当センター主任研究員 加来雄之による定例講座

どなたでもご参加いただけます
定例講座チラシ3
次回:3/15
講師:加来 雄之
当センター主任研究員 加来雄之による定例講座

どなたでもご参加いただけます

刊行物のご案内

【Lineup】

コラム・エッセイ
講座・イベント
刊行物のご案内

研究会・Interview