親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 遠いところへの深い要求は、はっきり自分の意識にそれとして出てくることは、ほとんどない。けれど、この深みからの痛覚の刺激のようなものは、日常生活のいたるところで、ちくちくと感じられている。この深みからのささやきに耳を貸す暇(いとま)が、現代の私たちの生活には、なかなかないのではなかろうか。別の言葉で言うなら、普段は目に見えたり、耳に聞こえたりする意識の上層部の世界に、耳目(じもく)を奪われていて、深層からの、人間の本来への呼びかけを感知するゆとりがないとも言えるだろう。

 親鸞が如来(にょらい)の呼びかけを、「欲生(よくしょう:生まれんとおもえ)」と語る『無量寿経』に、生涯をかけて聞き耳を立てていったのは、言葉の奥に、人間の深みからくるこの鈍痛のような響きを感じ取ったからであろう。人間の生きる状況も異なり、思想的な問題意識も異なる人間のいとなみが、何百年たっても、新鮮に躍動するたましいとして感じられるのはなぜか。

 そしてその躍動は、“三千年昔の釈尊にさかのぼり、さらに無始のときより相続してきた人類の根底にまで遡源(さくげん)していくことができることを、法藏菩薩(ほうぞうぼさつの)物語として語り伝えてきたのが、『無量寿経』である”と、親鸞はうなずいていったのではなかろうか。

 この静かな、かすかな命の根底からささやきかけるような要求は、気になり始めると、なんとかはっきり聞き当てたいと思うようになるのだが、すでに言い当てられている言葉で探り当てようとしても、手で水を汲(く)むときのように、大事な部分がほとんどすり落ちてしまうような感じがするものである。

それで、閑静な人気の少ない場所や、俗世間を離れた場所で、聞き当てようと言う努力が説得力をもってきたのであろう。しかし、根源からの命の刺激は、そういう相対的な静けさや、あり余る時間があるなら取り出せるというようなものではない。その気になるなら、いつでもどこでも誰にでもはたらいていて、どういう状況であっても、それを離れることがないものなのである。私たちには、それが一番遠くて、深いささやきとしてしか感じられないものなのであろう。

(2004年8月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ