親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 善導の「横超断四流」(『真宗聖典』243頁)の文に触れつつ考察しようとしている。従来は、この問題を親鸞が「信巻」で扱う意味を、「信の一念」から切り離して、信心の一般的な意味として扱ってきていたようである。それだと、横超は如来の側のはたらきであり、われら凡夫はこの濁世から足を抜けずに、やはり死ぬときにあの世の「お浄土」に生まれ直すのであると、考えられることになる。この理解は、親鸞が引いている『般舟讃』や『往生礼讃』の文の意味を、「信の一念」の内実として如来の回向によって衆生の「金剛心」に施与するのだという、「横超」による「断四流」の功徳をまったく見ようとしないことになりはしないか。

  そもそも、われら凡夫に真実信心が成り立つことが、「如来の回向なかりせば」絶対にありえないというのが、親鸞の自覚である。凡夫は自己の内なる努力などでは、絶対に如来の純粋なる心に対応できない。宿業煩悩の繋縛(けばく)ある身には、無漏(むろ)の心などに関係をもてる可能性などはない。それが「浄土に、信心の人のこころ、つねにい(居)たり」(『御消息集(善性本)』、『真宗聖典』591頁)と言い得るのは、如来回向の大きなはたらきを信ずるからではないのか。

 われらにいかにして、「金剛」の心などというものが起こり得るか。「金剛堅固の信心の さだまるときをまちえてぞ 弥陀の心光照護して ながく生死をへだてける」(『高僧和讃』「善導和讃」、『真宗聖典』496頁)という和讃の意味には、金剛堅固の信心がもしも獲得(ぎゃくとく)されるならば、という厳粛な限定がついている。しかし、信心獲得が起こるなら、「ながく生死をへだて」ているのだと言うのである。これをしっかりと確認せずに、「往生は現生か、臨終か」というような議論をしているのは、まったくナンセンスとしか言えないのではないか。

 「金剛心」は言うまでもなく、善導の『観経疏』の「共発金剛志」と「正受金剛心」(『真宗聖典』235頁参照)の課題である。愚かな凡夫にいかにして「金剛志」などが起こると善導は言うのであろうか。この言葉は一見すると、どう見てもいわゆる竪型の菩提心にしか見えない。それならわれらには起こるはずがない。「自力聖道の菩提心 こころもことばもおよばれず 常没流転の凡愚は いかでか発起せしむべき」(『正像末和讃』、『真宗聖典』501頁)と言われるとおりであろう。

 しかし、この前に善導は「各発無上心」(『真宗聖典』235頁参照)と言っている。それと異なる言葉「共発金剛志」で何かを表そうとしているのだ、と親鸞は気づいた。それを「各発」とは自力の意志、すなわち宿業因縁で各人に起こる異なった意欲、それを「菩提心」と言うなら、これは「自力聖道の菩提心」であろう。それに対する「共発」とは何か。一切衆生を担う法蔵願心を暗示しているに相違ない、と親鸞はにらんだのではないか。

 共発の菩提心を法蔵願力であると信ずるなら、その信心こそが、「浄土の菩提心」であると言えよう。この願力に信順することは、超世無上の意味をこの生死の生活に見いだすからである。そのことを「弥陀の心光照護して ながく生死をへだてける」と讃嘆するのではないか。

(2015年2月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②  諸仏の国土とは、大乗仏道の歴史が見出した大いなる法界(大乗無上の菩提の内容)に、僧伽を支えてきた無数の求道者が値遇したことを現わそうとしているのであろう。そこには、果徳の平等性と共に、因位の差異を表している様々の名前によって、諸仏それぞれの因位の過程や求道課題の差異が認められているのである。...
公開講座画像
第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①  親鸞聖人のお言葉には、人間存在のもつ実相への深い洞察とそこから染み出てくるような懺悔の心が感じられる。このことには、その背後に『大無量寿経』にまで煮詰められた大乗仏道の菩提心の歴史があるのであろう。総願から別願を開示して、この大乗の菩提心を掘り下げるべく歩みを進めるところに、「法蔵菩薩」なる人間像が生み出されてきている。...
公開講座画像
第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬  本願によって衆生に開かれる「宗教的実存」とは、いかなる構造として表現し得るものであろうか。その構造解明の手がかりを、横と竪という菩提心のありかたから探ってみた。そして我らに開かれる信心の意味に、この世での生き方に対して、超越的で立体的な空間として本願の信仰空間と言うべきありかたが、教えられていることを了解した。...

テーマ別アーカイブ