親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 前回(2003年6月)、へそのあたりからものを見るような視点が、親鸞のものの見方にはあるのではないか、と言った。そのことでもう少し書いてみよう。「へそ」ということは、昭和の初めころまでは、「丹田(たんでん)」と言っていた。「丹田に力を込めて生きる」などというように。これは呼吸法にもかかわることだと思うのだが、下腹に意識をおろしてゆっくりと呼吸することが、気持ちを落ち着かせ、じっくりとものを考えさせるという、実践的な力を持っているのである。

 「へそ」とは、母親の胎内に宿ったときから、一切のいのちの糧(かて)を送ってもらった通路の痕跡である。生まれてしまうと忘れてしまいがちだが、この部位は、やはりいのちにとって大事な部位であることには変わりがない。最近、あまり「へそ」ということを言わなくなったのはどうしてなのか、ちょっと気になるところである。

 このごろ全く別の意味で、この「へそ」が話題になっている。それは「臍帯血(さいたいけつ)」というものが、生命の始まりのころからの力と性質を持っているということがわかってきて、これを生命科学の技法で利用しようということになったからである。「へその緒(お)」の部分の「血液」に、誕生するべき子どもの生命力が宿っているのであろうか。

 比喩的な意味で、「へそ」のあたりからものを見ると言ってみたのだが、実は「へそ」から存在を感覚し直すということは、生まれて育っていくうちに、忘れてしまっている生命の根元の大切な事実への通路にあらためて気づくことである。つまり、現にいまこの身に与えられているいのちの事実の背景には、地球上に生命が誕生して以来の、生命の歴史が蓄積した不可思議の能力がはたらいており、その痕跡が「へそ」として腹の真ん中に位置を占めて、いのちの歴史をじっと見ていたのかもしれない。そうしてみると、「へそ」のあたりからものを見るということは、単に比喩的というよりも、文明以前の人間のいのちそのものへの開眼への通路に血が通うことなのかもしれない。

 身体における「へそ」ということが持っている意味と、人生に対する宗教的要求の持つ意味とには、相似するようなところがあるのではないか。特に、近代生活には、文明の利器に囲まれ、便利で容易な生活になるなかで、人間のいのちそのものに潜んでいる恐怖感や不安感を、そして存在の尊さの自覚たる宗教的要求をも、忘れさせられているところがある。一回限りの自分の存在が、他のいかなるものによっても取り替えられない大事な意味を持つことを、そしてうぬぼれや劣等感の底に、存在の本来のかたじけなさがあることを取り戻す要求の目覚(めざ)めには、当然としている日常から忘れられている生命の「へそ」の意味回復のようなところがあると思うのである。

(2003年7月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ