親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 衆生に与えるべき「大涅槃」を「純粋未来」の必然性として確定的に表現することと、法蔵願心が「兆載永劫」という無限の時間を語ることとの課題を考えよう。

 無限大悲が凡愚に「無上功徳」を回施するには、名という方法を選び取った。名は、無為法である涅槃(一如)より、大悲によって願心を発起した法蔵菩薩の「選択摂取」である。そのために「五劫思惟」の時間をかけたと、『大無量寿経』の物語を解釈することができよう。その名をとおして、有為(生死無常を生きる)の衆生に、無為法たる涅槃の功徳を開示しようとするのが、大悲回向の中心的な意味である。

 その名(根本言)において、本願力を自己の事実として「生死」を離れずに「涅槃」に触れることを信ずること。しかしここに、有為と無為との矛盾を超えるために、「兆載永劫」という願心の無倦の作用をいただかねばならないのだ、と気づかされよう。それによって「生死即涅槃」という大乗仏教の根本標識を、本願の信心において凡夫が必然性として確保しうるのだ、とするのが親鸞の信心の内面である。そういう本質をもつ信心であることを表すために、三心の第一たる至心の体(たい)が名号であるとし、その至心を衆生に回施するところに、兆載の修行がかかるとする善導の至誠心釈を取り上げるのであろう。

 「正信偈」に、「不断煩悩得涅槃(煩悩を断ぜずして涅槃を得るなり)」(『真宗聖典』204頁)と言い「証知生死即涅槃(生死即涅槃なりと証知せしむ)」(『真宗聖典』206頁)とあることを、現生にはこれは成り立たないから、臨終をくぐった死後の浄土での利益であると伝承の解釈学が説明しているのは、この有為と無為の矛盾を超える信念をもてずに、生死が終わった死後ならば、矛盾がなくなるという常識的世間的論理に妥協したためではないか。生死が終わってからの涅槃というのでは、大乗の「生死即涅槃」の標識を捨てて、小乗仏教に退転してしまっているのではないのか。

 親鸞は、「正信偈」の先の二句の直前に、「能発一念喜愛心(よく一念喜愛の心を発すれば)」(『真宗聖典』204頁)と言い、「惑染凡夫信心発(惑染の凡夫、信心発すれば)」(『真宗聖典』206頁)と書き記している。これは明らかに、凡夫が本願の信心を獲得するならば、大乗の根本標識を自覚的に成就するのだ、と言うことである。本願の信に、無為法と有為の生死との絶対矛盾を突破して、「生死即涅槃」が成り立ってくることを表現しているのである。

 煩悩と菩提の矛盾を内に抱えながら、しかしそれを突破させようとする本願力を信ずる。そこに、法蔵菩薩が永劫に修行しているのだ、という物語を置いて、凡夫が自力でこの矛盾を突破するのでないことを判然としているのである。さらに親鸞は、善導の指示を受け止めて、真実信心は「金剛心」であると言う。「金剛」は無漏の体であるとも言う(『真宗聖典』235頁参照)。煩悩具足の凡夫に、「無漏」の信心が成り立つのだと言うのである。

(2013年12月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①  親鸞聖人のお言葉には、人間存在のもつ実相への深い洞察とそこから染み出てくるような懺悔の心が感じられる。このことには、その背後に『大無量寿経』にまで煮詰められた大乗仏道の菩提心の歴史があるのであろう。総願から別願を開示して、この大乗の菩提心を掘り下げるべく歩みを進めるところに、「法蔵菩薩」なる人間像が生み出されてきている。...
公開講座画像
第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬  本願によって衆生に開かれる「宗教的実存」とは、いかなる構造として表現し得るものであろうか。その構造解明の手がかりを、横と竪という菩提心のありかたから探ってみた。そして我らに開かれる信心の意味に、この世での生き方に対して、超越的で立体的な空間として本願の信仰空間と言うべきありかたが、教えられていることを了解した。...
公開講座画像
第228回「悲しみに秘めた讃嘆」⑫
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第228回「悲しみに秘めた讃嘆」⑫  我らの現実の生存において、宗教的実存を求めてこれを成就するとは、どういうことであろうか。本願の仏教では、阿弥陀如来の本願を信じ、自己の有限なる生存をそのままにして(煩悩具足と信知して)「浄土」に往生し、阿弥陀如来の苦悩の衆生を摂取せんとする志願に随順して衆生済度の志願を輔翼することである、と教えられている。この願心に随順することによって、阿弥陀如来と平等なる仏陀(諸仏)になる、と願われているのである。...

テーマ別アーカイブ