親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 関東地方には、東日本大震災の余震がまだ時折きている。予報では、これからさらに大きい余震がくる可能性も言われている。大津波による原発の事故は、30キロ圏の人々の立ち退きを強制し(一部、圏外の地域も含めて)、広大な範囲の放射能汚染が人々の生活を圧迫している。この世を生きるということにつきまとう「想定外」の現実が、ここにこれをこそしっかり見据(みす)えよという事実として、すべてを想定内のことにしようとする人間の傲慢(ごうまん)な知性を、はるかに越える現実があることの厳しさを突きつけている。

 こういう情況にどう対処するべきかという問題意識は、困難な現実を生きていくことにとって切実でもあり切迫しているであろう。その点では、被災地のできる限り速やかな復興に向けて大きな協力が動員されて、新しい共存在への志向が成り立っていくことを切に祈念せずにはいられない。

 しかし、それがいわば対症療法的に現実をかいくぐることのみにかまけているならば、この大災害からわれら人類に与えられた深遠な宿題を見失ってしまうのではないか。たとい震災前の状態であっても、有限存在の不安や情況存在のやりきれなさがあったのだから。人口流出による高齢化や固定化した流通システムの矛盾などがすでに厳しい生活への圧迫となってもいたのであろうから。この困難な事情にあってこそ、その根底にある根本問題の重さに目を開いて、人と人が本来の存在の尊さを確保しつつ、お互いに信頼しあえるような「共に生き、互いに前後しつつ死んでいく身」を、感謝して捧げていけるような場を生み出していかねばならないのではないか。

 曇鸞(どんらん)は「有後心(うごしん)・有間心(うけんしん)」(『真宗聖典』275頁)に依止(えじ)しているのが、この濁世の罪業の生活であると言う。たしかに「まだ後の時間」があるからこそ、どうしていこうかという心配があるのだし、「時間にまだ余裕があり、間柄のつきあいもある」からこそ、私たちの生存に関する配慮も、多岐にわたっての重層的重苦しさになってくる。

 これに対して、真実の解放された生活をもたらす「信心」には、「無後心(むごしん)・無間心(むけんしん)」(『真宗聖典』275頁)に依止するという決断が必要なのだという。蓮如上人が「後生(ごしょう)の一大事」(『御文』三帖目四通〔『真宗聖典』800頁〕五帖目十六通〔『真宗聖典』842頁〕)と言われているけれども、その言葉の宗教的内実とは、この「無後心・無間心」に立つことの大切さなのではないか、と思う。われらは有限の時間・空間を生存の限定として生きている。この有限の条件のなかに、毎日の暮らしの日常的諸問題が山積してくる。しかし、特に大災害のような非常事態に襲われると、有限の条件の外部から大きな問題がくるように思われてしまう。そのときに、日常的諸問題の事態に復帰することが第一義的な課題になってくる。もちろん、日常生活の大切さが奪われるのであるから、それを取り戻すことが、最大関心事となるのは止むを得ないのだけれど、この延長上には決して「後生の一大事」への関心の開けはないのではないか。

(2011年7月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ