親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

第220回「悲しみを秘めた讃嘆」④

 曇鸞の求道心について、その回心に「劣弱性」の自覚があったと前回に述べた。この自覚内容に対して、親鸞が深く共感したようだとも述べた。しかし、このことは道を求める者としてどういうことなのか。少しく考察してみたい。

 求道心にかぎらず人間が社会で生活する時、自分が何をしようとするかが自他の間に意識される。その意識する方向について、どれだけ的確に目標に向かえるかが自己にとって強く意識されるなら、逆にその方向から逃避するような意識は、「逃げ腰」とか「弱気」という言葉に示されているように、他からの評価はもちろん、自己評価も低くなってしまうであろう。

 まして求道の道にとっては、究極的な大菩提(大いなる覚り)と言われるような課題の達成が最高の目標なのである。その獲得を自己の究極の存在意味であるとするのであるから、その目標からの方向の逸脱は、その意味空間にとってはほとんど自己放棄か自己否定として認識されることになる。したがって、発心して仏法を求めようとするからには、たとえそれがいかに困難であろうとも、目的たる成仏に向かって自己を叱咤激励して歩もうとするべきなのである。

 そういうわけであるから、『十住毘婆沙論』で「易行」を説き始めるに当たって、易行の道を要求する求道者がもしいるなら、それは「怯弱下劣」であると論主龍樹がしかりつけ、発願して阿耨多羅三藐三菩提を求めるのは三千大千世界を挙げるよりも重いのだと、その志願の重さを自覚させようとしているのである。

 しかし、求道の発心の因縁にも、実際には衆生の数だけ様々な事情がある。その中には、求道心の重さに耐えきれない劣弱な身体や意志力の場合もあるであろう。いわば、仏道に落第せざるを得ない事情にぶつかる衆生もあるわけである。そういうやむにやまれぬ因縁からの要求であるならと断って、龍樹は「易行」を説き始めるのである。

 その易行に対し、求道心の挫折に幸いにも出合わない場合(これが後に聖道門とされる)には、「難行」に耐えて目的成就に向かうべきだとされている。したがって、「易行」を求める者は、いわば道に落第した者で、あるいはまともには成就できずに次の生でかろうじて救われるとさえ指摘されるようにもなってくるのである。

 さりながら、親鸞における自覚の深さをしっかりと学ぶとき、この落第者の自覚こそが、真に人間存在の深みに与えられている「如来の欲生心」に応答するあり方であると知らされるのである。

(2021年10月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ