親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 普通、人間の努力とその結果との関係について、「人事(じんじ)を尽くして天命(てんめい)を待つ」ということが言われている。「人事を尽くす」ということは、先回に触れた「自業自得(じごうじとく)」の「自業」について言うなら、自分のできる限りにおいて全力を尽くして努力をするということであろう。しかも、それでもその結果は「天命」を待つしかないところがあるというのである。

 その結果としての「自得」とは、結局、自分にもたらされてくる厳粛な人生の事実である。その事実について、私たちはいやでも自分で引き受けていくほかはない。けれども、その逃げることのできない人生の事実を引き出してくる原因に、自分の側からは運命的としか言えないような「天命」が絡んでいることがあるということ、これがこの人生の恐ろしいところでもあり、不可思議(ふかしぎ)なところでもある。

 この人生にまつわる不思議さについて、近代日本の教育においては、あまり触れようとせずに、「努力・勤勉・精進」というようなことのみを価値とし、努力によって個人の階位を上げさえすれば、人生の良い結果は付いてくるように教えてきたのではないであろうか。特に、アメリカから入ってきた戦後の民主教育は、平等という前提の下に、「人事を尽くす」ことによって、「幸福な結果」が来るといわんばかりの志向があったと感じられるのである。

 仏教は、人間の現に受けている現実について、「宿業因縁(しゅくごういんねん)」ということをいう。一人ひとりの人生の事実には、運命的な因縁との出合いがあり、不可思議としかいうことができない巡り合わせがある。だから、この科学的な時代に「占い」がはやり、自分にわからない運命的なものを知ろうとすることが起こるのである。確かにある程度は、その人のもっている雰囲気とか骨相とか顔つきとかから、何かその人に乗っている天運のようなものを見透してくるような能力の持ち主もあるのかもしれない。

 仏教が言うところの宿業とは、現在の事実にまでなってきた過去の一切の因縁である。自分で記憶しているだけの過去ではなく、言うなら生命の始原以来のすべての営みとの出合いの結果が、現在の自分にまでなったとでも言うべきことである。しかも、それを黙って引き受けている事実がここにある。普通には、それを知ることができないから、自分がここ(此)に出合う事件を「運命」だと感じてしまうのではなかろうか。

(2005年8月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①  親鸞聖人のお言葉には、人間存在のもつ実相への深い洞察とそこから染み出てくるような懺悔の心が感じられる。このことには、その背後に『大無量寿経』にまで煮詰められた大乗仏道の菩提心の歴史があるのであろう。総願から別願を開示して、この大乗の菩提心を掘り下げるべく歩みを進めるところに、「法蔵菩薩」なる人間像が生み出されてきている。...
公開講座画像
第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬  本願によって衆生に開かれる「宗教的実存」とは、いかなる構造として表現し得るものであろうか。その構造解明の手がかりを、横と竪という菩提心のありかたから探ってみた。そして我らに開かれる信心の意味に、この世での生き方に対して、超越的で立体的な空間として本願の信仰空間と言うべきありかたが、教えられていることを了解した。...
公開講座画像
第228回「悲しみに秘めた讃嘆」⑫
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第228回「悲しみに秘めた讃嘆」⑫  我らの現実の生存において、宗教的実存を求めてこれを成就するとは、どういうことであろうか。本願の仏教では、阿弥陀如来の本願を信じ、自己の有限なる生存をそのままにして(煩悩具足と信知して)「浄土」に往生し、阿弥陀如来の苦悩の衆生を摂取せんとする志願に随順して衆生済度の志願を輔翼することである、と教えられている。この願心に随順することによって、阿弥陀如来と平等なる仏陀(諸仏)になる、と願われているのである。...

テーマ別アーカイブ