親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

第217回「悲しみを秘めた讃嘆」①

 仏法に遇うことによってわれらが獲得する「歓喜」には、他の喜びとどのような違いがあるのか。親鸞の語りかける信心の内面には、容易にはたどり着くのが困難なことを感じるのはどうしてであろうか。そして、親鸞が仏道を歩むことにおいて、「他力」に出遇い、そこにおいて仏道を成就し得るとするには、いかなる思索の過程があったのか。このような疑念を少しずつ解きほぐしながら考察してみたい。

 まず、普通の生活における「喜び」に対して、宗教的な生活に与えられる「喜び」とはどういうことかを考えてみよう。この問いに先だって、そもそも宗教的な要求とは、いかなることなのかを押さえておきたい。一般論ではなく、親鸞の語ろうとする教えに沿うなら、仏教徒としての根源的な要求とは、菩提心であるということになろう。菩提を深く要求して止まない精神ということである。その「菩提」とは、bodhi(ボディ)、すなわち無我の智慧のことである。そうであるなら、無我の覚りを得ることが、人生にとって無上の喜びであるということになろう。たしかに、仏教の開祖とされる釈迦牟尼仏においては、そのように苦悩からの根本的解決を求めて難行苦行の六年間の時を費やした後、いかにしても人生に付帯する苦悩を超え出ることなどできないとあきらめたとされている。そして、大樹の根本に端座して、数週間、そのまま静かに死に向かって黙想したのだが、突如、精神に寂光がさしてきて、無我の覚りが開けたのだと伝えられる。

 その喜びを個人のものとせずに、人々に開示せよとの梵天の勧請をうけて、転法輪が開始されたとも伝えられている。この釈迦の説話からするなら、先にも述べたように、無我の覚りがもたらす喜びこそが、この世での無上の喜びであるということになる。ところが、この無我の体験を求めるという要求が、どれだけ人々を引きつけたとしても、それを完全に満たすことは,その後の求道者たちにとっては容易ではなかった。無我のままに如来として生きるということには、不可能と言わざるを得ない大問題があるからである。

 そもそも生命がこの世にあるということには、個体としての限界がある。すなわち、身体が限定され、生きる空間や時間も限定される。われらが生きてあることとは、さまざまな限定のもとに成り立っているということである。なかでも、人間が生きるということは、時代や社会などの特定空間に生存するということである。

 そういう諸限定にある存在が、「無我」になるとはどういうことであろうか。

(2021年7月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第235回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑥  善導のいわゆる「十四行偈」の出だしの「道俗時衆等 各発無上心 生死甚難厭 仏法復難欣 共発金剛志 横超断四流」(『真宗聖典』235頁)の問題である。この偈文に、了解しにくい内容がある、と思う。菩提心が「各発」という意味であるならば、それは成就しがたくあるのに、「共発」として「金剛の志」であるなら「横超」において「四流(迷妄の生存)」を「断つ」ことができる、という偈の言葉が突然に出されているからである。そもそも発菩提心は、個人に発起する仏教的意欲(仏に成りたいという意志)を表している言葉であるし、それが「共発」として「金剛」であるように発起するということは、かなり「困難」だとも思えるからである。...
公開講座画像
第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」⑤
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第234回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」  法蔵菩薩とは、苦悩の衆生を救済しようと願う普遍的な菩提心を象徴する名である。苦悩の衆生とは、親鸞の言葉に「諸有に流転の身」とある。諸(もろもろの)とは、それぞれの宿業因縁に依って、この五濁悪世に生存を与えられているすべての生命存在ということである。「諸有」として、それぞれ異なる身体を与えられ、おのおの別々の境遇や限定を受けつつ、この五濁の世に生きているということである。それらすべての事情を超えて、普遍的にすくい取らずにはおかない、という志願を「法蔵」という名にこめて、『大無量寿経』(以下、『大経』)が法蔵菩薩の因願を語り出しているのである。...
公開講座画像
第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第233回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」④  そもそも仏法の課題は、流転の苦悩を超脱するところにある。言い換えれば、生死の迷いを超克するのである。この目的を達成すべく求道するところに、仏道が存立してきたのである。  これは衆生の普遍的苦悩である四苦八苦の生存を出離することである。その出離生死の課題を独り超え出るのみでなく、衆生と共に歩み続けようという方向に、如来の願心を聞き当ててきたのが大乗仏道の歩みであった。その思想の依り処となったものが、如来の入滅を前になされた涅槃説法であり、そこから『涅槃経』が編み出されてきたとされる。...

テーマ別アーカイブ