親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

公開講座画像

親鸞仏教センター所長

本多 弘之

(HONDA Hiroyuki)

 釈迦如来が五濁(ごじょく)の世に生きる凡夫のために、「本願」の因果というかたちの教説を開示された。一切の衆生(しゅじょう)に呼びかけて苦悩の人生を超えていく智慧を、本願の因果を聞思(もんし)するなかに獲得できる方法を開いたのである。親鸞はその教えの中心を、「本願の成就(じょうじゅ)」にあると感受し、なかでも「本願成就の文(もん)」に現れていると見た。「釈迦如来、五濁のわれらがためにときたまえる文(もん)のこころは、『それ衆生あって、かのくににうまれんとするものは、みなことごとく正定(しょうじょう)の聚(じゅ)に住す』」(『一念多念文意(いちねんたねんもんい)』、『真宗聖典』536頁)と、その中心の言葉を釈している。願生(がんしょう)するなら、みな正定聚に住するのだ、と。

 浄土に往生することを得るならば、「正定聚」(不退転)の位(くらい)を与えようという本願の言葉を、「本願成就」に立って信受するなら、「願生」の位にすでに正定聚の利益(りやく)を獲得できるのだ、といただいたのである。これは果の位に語られる如来の慈悲の利益を、本願を信ずるなら、すでに因の位に獲得するのだ、ということである。常識的にみるなら、因果を混乱したとしか言えないような解釈である。なぜ親鸞はそこまで主張しようとしたのであろうか。

 この主張の根拠は、『十住毘婆沙論(じゅうじゅうびばしゃろん)』にあるとされている。すなわち、龍樹菩薩が菩薩十地の問題を論ずるに当たって、初地(しょじ)において菩薩は「不退転地」を獲得できるのだと言い、さらには、どのような発心(ほっしん)の因縁の菩薩(たとい軟心〈なんしん〉の菩薩)であろうとも、この初地の利益が得られることを保証するために、「易行不退(いぎょうふたい)」を表しているからである。易行不退とは「聞名(もんみょう)不退」である。仏の名を憶念(おくねん)するところに与えられる「不退転」の信念である。つまり、初地という菩薩の座が、かならず「無上菩提を得られることを必然とする」ということなのである。仏果を表す仏の名には、因の菩提心に果への必然性を付与する力があるということである。

 必定(ひつじょう)とか正定という信念が人間に開かれるなら、不動の信念(不退転の信念)に立ってこの苦悩の人生を歩むことができる。そのことこそが、因位(いんに)の信心に「不退転」を獲得できると主張する親鸞の意図であろう。そしてそう読むことができる原理を、「如来の回向に値遇(ちぐう)する」ところに見いだしたのが、親鸞の回向(えこう)の教学の意味なのだと思うのである。

(2006年10月1日)

最近の投稿を読む

公開講座画像
第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第231回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」②  諸仏の国土とは、大乗仏道の歴史が見出した大いなる法界(大乗無上の菩提の内容)に、僧伽を支えてきた無数の求道者が値遇したことを現わそうとしているのであろう。そこには、果徳の平等性と共に、因位の差異を表している様々の名前によって、諸仏それぞれの因位の過程や求道課題の差異が認められているのである。...
公開講座画像
第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第230回「法蔵菩薩の精神に聞いていこう」①  親鸞聖人のお言葉には、人間存在のもつ実相への深い洞察とそこから染み出てくるような懺悔の心が感じられる。このことには、その背後に『大無量寿経』にまで煮詰められた大乗仏道の菩提心の歴史があるのであろう。総願から別願を開示して、この大乗の菩提心を掘り下げるべく歩みを進めるところに、「法蔵菩薩」なる人間像が生み出されてきている。...
公開講座画像
第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬
親鸞仏教センター所長 本多 弘之 (HONDA Hiroyuki) 第229回「悲しみを秘めた讃嘆」⑬  本願によって衆生に開かれる「宗教的実存」とは、いかなる構造として表現し得るものであろうか。その構造解明の手がかりを、横と竪という菩提心のありかたから探ってみた。そして我らに開かれる信心の意味に、この世での生き方に対して、超越的で立体的な空間として本願の信仰空間と言うべきありかたが、教えられていることを了解した。...

テーマ別アーカイブ