親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

今との出会い 第183回「いかなる国を願うのか」

日本

親鸞仏教センター嘱託研究員

菊池 弘宣

(KIKUCHI Hironobu)

 私が今生きている、日本という国の現状をどう押さえたらよいのだろうか?

 端緒として、国家公務員が公文書・行政文書を改竄(かいざん)したという問題がある。外国の要人から見ると、何よりも問題なのは、その「隠蔽(いんぺい)」に対する日本国民の無関心的反応であるという。この件を黙認・容認するというかたちで追従するならば、日本の民主主義は終わるとまで言われている。そういう質の問題であると、私は認識をあらためた。

 思うにこの問題の根には、「国家が特定の宗教と結びついてはならない」という、「政教分離の原則」に抵触するという問題があるのではなかろうか?また、トカゲの尻尾切りのように、悪と見なしたものを「穢れ」のように、徹底して排除する。そこに、戦前の国家神道的なものが、新たに兆しているのを感じ、空恐ろしい思いがしている。

 現行の日本国憲法は、その背景にある「戦争問題」の痛み・悲しみ・反省を基にして、願われて生み出されてきたものであると、私は受け止めている。戦後、「国家権力の暴走を縛り、国民主権を守る」という立憲主義を尊重しての国づくりを、この日本という国は、本当は大切にしようとしてきたのではないのだろうか?


 私自身が所属している真宗大谷派教団は、先の戦争に加担してきたという戦争責任問題を宿している。私自身、過去のあやまちを現在的視点から、断罪するというのではなく、自分もまた、同じようなあやまちを犯し得るものとして、痛ましいあやまちを繰り返さないように、「戦争することも、加担していくことも、いのちの尊厳に背く間違いである」と、言えるときに言い続けていく所存である。

 かつて、和田稠(しげし)という先生が、靖国神社問題に関する講義の場で、「靖国とは私自身である」、「自らの内なる靖国問題」という言葉を語られていたのだが、今思えばそれは、先生ご自身の慙愧(ざんき)の言葉、痛みをくぐったメッセージであったにちがいない。

 あるとき先生が「十方衆生」と板書され、「靖国は、日本民族の業。日本人だけの特殊な内輪的閉鎖的な世界。本願が呼びかけているのは、「十方衆生」。生きとし生けるものです」という旨の言葉を語られるのを聞き、心開かれるような、広やかで大いなるものを感じたことを思い出す。

 「十方衆生」という呼びかけの中にある私自身。その「十方衆生」の中にあって、背いている、煩悩・悪業を宿す私自身。そういう、「いのちを見据えるまなざし」というものを教えていただいた。「いのちを喚ぶ声」。それこそが、宗教的な意味での罪の自覚を成り立たせる「根源的なるもの」ではなかろうか?


 最近聞いた言葉の中で、「「政教分離」とは、国家が特定の宗教と結びついてはならないということであって、宗教が国家と関わってはならないということではないし、宗教が発信する批判に国家が耳を傾けてはならないということでもない。国家がその批判を受けて痛いと思えば、変わっていくということがあって然るべきである」というものが、深く私の心に残っている。

 如来の本願の光に照らされて、私自身もまた、日本人の業を宿し、現に生きているものであると自覚するなかで、自分が生まれ育まれてきたこの国を、本当に愛する関わりをしたい。

(2018年8月1日)

最近の投稿を読む

谷釜智洋顔写真
今との出会い第234回「「適当」を選ぶ私」
今との出会い第234回「「適当」を選ぶ私」 親鸞仏教センター研究員 谷釜 智洋 (TANIGAMA Chihiro)  東京はセカセカした街と感じることがある。立ち止まった途端に取り残される気がする。だから、私は余計に張り詰める日々を過ごしているのだと思う。...
伊藤真顔写真
今との出会い第233回「8月半ば、韓国・ソウルを訪れて」
今との出会い第233回「8月半ば、韓国・ソウルを訪れて」 親鸞仏教センター嘱託研究員 伊藤  真 (ITO Makoto)  8月のお盆休み中、学会発表のために韓国・ソウルを訪れた。海外へ渡航するのも、「リモート」でなく「対面」で学術大会に参加するのも、コロナ禍以来初めてだから実に3年ぶり。ビザの申請に韓国領事館前で炎天下に3時間並び、渡航前・ソウル到着時・帰国前と1週間で3度の規定のPCR検査に緊張し、日韓双方のアプリの登録や電子証明取得など、渡航は苦労の連続だったが、それだけの甲斐はあったと思う。今回は韓国で体験したさまざまな「出会い」について書いてみたい。...
青柳英司顔写真
今との出会い 第232回「漫画の中の南無阿弥陀仏」
今との出会い 第232回「漫画の中の南無阿弥陀仏」 親鸞仏教センター嘱託研究員 青柳 英司 (AOYAGI Eishi)  日本の仏教史において、南無阿弥陀仏という言葉が持った意味は極めて重い。  この六字の中に、法然は阿弥陀仏の「平等の慈悲」を発見し、親鸞は一切衆生を「招喚」する如来の「勅命」を聞いた。彼らの教えは、身分を越えて様々な人の支援を受け、多くの念仏者を生み出すことになる。そして、現代においても南無阿弥陀仏という言葉は僧侶だけが知る特殊な用語ではない。一般的な国語辞典にも載っており、広く人口に膾炙(かいしゃ)したものであると言える。...
加来雄之顔写真
今との出会い 第231回「病に応じて薬を授く」
今との出会い 第231回「病に応じて薬を授く」 親鸞仏教センター主任研究員 加来 雄之 (KAKU Takeshi) 「また次に善男子、仏および菩薩を大医とするがゆえに、「善知識」と名づく。何をもってのゆえに。病を知りて薬を知る、病に応じて薬を授くるがゆえに。」(『教行信証』化身土巻、『真宗聖典』354頁)...

著者別アーカイブ

投稿者:shinran-bc 投稿日時: