親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

今との出会い 第164回「誰かと生きる時間」

親鸞仏教センター研究員

中村 玲太

(NAKAMURA Ryota)

 少々長いが、哲学者・田島正樹氏の「ララビアータ」に投稿された「「全体的」「本来的」」の記事について、「生きる時間」を中心にして紹介したい(主題である「死」と全体性についての刺激的な論考全般については、下記を参照されたい)。

〔http://blog.livedoor.jp/easter1916/archives/52469129.html〕


亡き人が何をもたらしてくれたのかは、すぐにはわからない。生きている間には、それを考えることは難しい。なぜなら、生きている人には、応答し、かかわり続けなければならないからである。/かかわる時間、生きる時間は、互いに積み上げ、紡ぎあう時間であり、何が与えられたのかを考える時間ではない。/意味を考える時間は、亡き人を思う時にやってくる。終わった生を全体としてまとめ上げ、その存在の意味を問い直すこと、その言動を一つのテクストとして読解することは、死後に初めてやってくる。

(「「全体的」「本来的」」より)


 ここから展開していき、田島氏は、「それゆえ、人間の言動の(テクストとしての)意味が――つまりは意味として問われる人間存在そのものが、全体的かつ本来的に問われ得るのは、死によって遠く隔てられた他者の存在としてのみである。/それゆえ、愛し合うことは、本来不可能であることがわかる。我々は生きてかかわりあう限り、その存在を互いに全体的に本来的に考えることができないからである」と。


 生きて応答し続けるかぎり、「全体的に本来的に考えることができない」――確かにそうなのであろう。しかし、生きる者同士の問題として深刻なことは、そうとは思えないことではないだろうか。我々はつとに他者の一部を存在の全体に見立てて尊び、そして蔑む。「何が与えられたのかを考える時間ではない」かもしれないが、自分にとって相手がどんな存在なのかを確定せずには不安でいられないのが凡夫なのだと思う。それほど全体性が見えない生きる人間存在が不気味なのだとも言える(自他共に)。


 しかし、田島氏が言うように、どのように他者の存在をまとめ上げ意味を付しても、決してそれは相手を全体的、本来的に考え得ているわけではない。それを自覚せずに何かの存在全体を一方的に規定するのは、時に暴力的ですらある。


 そもそも愛情をもつとは、相手を一つの意味のなかに閉じ込めず、わかり得ない他者の存在の不気味さに目を開きながら互いに何かを紡ぎ続けようとすることを指すのかもしれない。その「何か」とは一体何か――それは、その意味が開示されるまでそっと待ち続けるしかないものなのであろう。

(2017年1月1日)

最近の投稿を読む

谷釜智洋顔写真
今との出会い第234回「「適当」を選ぶ私」
今との出会い第234回「「適当」を選ぶ私」 親鸞仏教センター研究員 谷釜 智洋 (TANIGAMA Chihiro)  東京はセカセカした街と感じることがある。立ち止まった途端に取り残される気がする。だから、私は余計に張り詰める日々を過ごしているのだと思う。...
伊藤真顔写真
今との出会い第233回「8月半ば、韓国・ソウルを訪れて」
今との出会い第233回「8月半ば、韓国・ソウルを訪れて」 親鸞仏教センター嘱託研究員 伊藤  真 (ITO Makoto)  8月のお盆休み中、学会発表のために韓国・ソウルを訪れた。海外へ渡航するのも、「リモート」でなく「対面」で学術大会に参加するのも、コロナ禍以来初めてだから実に3年ぶり。ビザの申請に韓国領事館前で炎天下に3時間並び、渡航前・ソウル到着時・帰国前と1週間で3度の規定のPCR検査に緊張し、日韓双方のアプリの登録や電子証明取得など、渡航は苦労の連続だったが、それだけの甲斐はあったと思う。今回は韓国で体験したさまざまな「出会い」について書いてみたい。...
青柳英司顔写真
今との出会い 第232回「漫画の中の南無阿弥陀仏」
今との出会い 第232回「漫画の中の南無阿弥陀仏」 親鸞仏教センター嘱託研究員 青柳 英司 (AOYAGI Eishi)  日本の仏教史において、南無阿弥陀仏という言葉が持った意味は極めて重い。  この六字の中に、法然は阿弥陀仏の「平等の慈悲」を発見し、親鸞は一切衆生を「招喚」する如来の「勅命」を聞いた。彼らの教えは、身分を越えて様々な人の支援を受け、多くの念仏者を生み出すことになる。そして、現代においても南無阿弥陀仏という言葉は僧侶だけが知る特殊な用語ではない。一般的な国語辞典にも載っており、広く人口に膾炙(かいしゃ)したものであると言える。...
加来雄之顔写真
今との出会い 第231回「病に応じて薬を授く」
今との出会い 第231回「病に応じて薬を授く」 親鸞仏教センター主任研究員 加来 雄之 (KAKU Takeshi) 「また次に善男子、仏および菩薩を大医とするがゆえに、「善知識」と名づく。何をもってのゆえに。病を知りて薬を知る、病に応じて薬を授くるがゆえに。」(『教行信証』化身土巻、『真宗聖典』354頁)...

著者別アーカイブ