親鸞仏教センター

親鸞仏教センター

The Center for Shin Buddhist Studies

― 「現代に生きる人々」と対話するために ―

『現代と親鸞』第8号

青木新門 掲載Contents

研究論文

櫻井 智浩 「キサーゴータミーはなぜ、出家したのか?―〈出世本懐〉の時代的意義を求めて(その2)

武田 定光 「還相の時間論」

■ 第14回現代と親鸞の研究会

加藤 典洋 「日本の現状と宗教の可能性 ―超越性と現代の文学をめぐって―」

■ 第15回現代と親鸞の研究会

青木 新門 「現代の闇を破りうるか」

■ 第3回現代における人間像に学ぶ研究会

森津 純子 「いのちと現代医療」

■ 英訳『教行信証』研究会

坂東 性純 「『浄土論註』と二種回向」

■ 第2回親鸞仏教センターのつどい

芹沢 俊介 「家族にとって、宗教とは」

本多 弘之 「浄土と家族」

■ 連続講座「親鸞思想の解明」

本多 弘之 「浄土―濁世を超えて、濁世に立つ―(6)」

コラム・エッセイ
講座・イベント
刊行物のご案内

研究会・Interview
投稿者:shinran-bc 投稿日時:

『アンジャリ』第8号

青木新門 掲載Contents

『アンジャリ』第8号

(2004年12月)

■ Contents

五十嵐英夫 「賞味期限と「もったいない」」

平山 惠造 「「医」の視点から見た日本の医療―医学文明と医療文化―」

斎藤  明 「いのちの叫び―仏教と生命倫理―」

諸富 祥彦 「個とつながり―トランスパーソナルをめぐって」

青木 新門 「光と言葉」

味村  登 「「聖」と「酔っぱらい」」

廣瀬  杲 「つくる罪の宿業」

■ 連載
■ 巻末コラム

中津  功 「一人の存在の意味」

※一部のコンテンツは無料でPDF版をご覧いただけます(タイトルをCLICK)

コラム・エッセイ
講座・イベント
刊行物のご案内

研究会・Interview
投稿者:shinran-bc 投稿日時: