親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > 研究活動報告 > 第2回「現代と親鸞」公開シンポジウム
特設ページ
第2回「現代と親鸞」公開シンポジウム

開催日:10月24日(土)
 本シンポジウムは、Zoomを使用したオンライン上でのシンポジウムです。参加方法は下記の参加申込みフォームにてご確認ください。

■■■ シンポジウムの参加申込みはこちらから ■■■

※シンポジウム参加申込期限:10月20日(火)まで

テーマ:生まれることを肯定/否定できるのか?――反出生主義をめぐる問い

 生まれてこなければよかった――人生に煩悶するとき、ふとそんな言葉がよぎる。ほんとうに生まれない方がよかったのかもしれないのだ。しかし、我々の眼前には「生まれない」という選択肢はあったのだろうか。「生まれない」とは何を想定しているのか、そもそも何かが想定できているのだろうか。誕生の否定に立つときに立ち上がってくる強固な難問がある。そして、誕生そのものを否定できないのであれば、同時に、誕生そのものを肯定すること、言祝ぐことは果たしてできるのか、と問うことも可能だ。
 生まれることをめぐる肯定/否定の問題は以上に収まるものではない。生を肯定/否定する言説のもつ魅力と危うさは様々な角度から問えるものである。この問題を哲学、親鸞教学、仏教等の立場から考究していきたい。

【日程と登壇者、発表題目】
12:15 受付開始
13:00 開会
13:00~13:20 趣旨説明
13:25~13:55 問題提起① 青山 拓央氏(京都大学大学院人間・環境学研究科准教授)
 「生まれることの悪と、生み出すことの悪」
14:00~14:30 問題提起② 竹内 綱史氏(龍谷大学経営学部准教授)
 「生のトータルな肯定は可能か――ショーペンハウアーとニーチェから」
14:35~15:05 問題提起③ 難波 教行氏(教学研究所研究員)
 「「生命讃仰」言説の落とし穴――親鸞思想を通して」
15:05~15:20 休憩
15:20~17:00 コメント(加藤 秀一氏〔明治学院大学社会学部教授〕)、並びに全体討議

2020年10月(親鸞仏教センター)

『特設ページ』バックナンバー
Backnember ページトップへ
公開講座 親鸞思想の解明 現代と親鸞の研究英訳『教行信証』研究会
清沢満之研究会 「『教行信証』と善導」研究会会 「三宝としてのサンガ論」研究会」研究会
聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会近現代『教行信証』研究検証プロジェクト
親鸞仏教センター研究交流サロン インタビュー
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス