親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > 研究活動報告 > 「三宝としてのサンガ論」研究会
研究活動報告
「三宝としてのサンガ論」研究会
 2019年11月14日、京都橘大学の細川涼一先生をお招きして、「三宝としてのサンガ論」外部講師招聘研究会を開催した。親鸞と近い時代を生きた律僧・叡尊やその弟子・忍性の活動理念、そして中世身分制研究の諸問題について詳しく問題提起をして頂いた。ここにその一部を報告する。 (親鸞仏教センター研究員 戸次 顕彰)

西大寺叡尊と非人
  ―叡尊の自伝『感身学正記』を中心に―

京都橘大学文学部教授
細川 涼一 氏
■ 非人とはどういう人たちだったのか
 中世の身分制や非人については複雑な研究史があります。今日は叡尊の側から見た非人の話が中心となりますが、まず非人という人たちの実態や存在形態がどういうものであったかを考えなければなりません。京都最大の非人居住地であり、叡尊の非人救済事業の対象であった清水坂非人の成立を示す史料がいくつかあります。それらによれば11世紀の段階で、京都の清水坂に食料等を施される人たちが集まり、その人々は仏事に際して米を受け取っていたことなどが示されています。また、病や身体の障害によって社会から脱落・排除されていた人たちが清水坂に住み、さらに非人の中に序列が生じていたことなども示されています。
■ 叡尊の非人救済のはじまり
 『感身学正記』は非人の生活実態が分かる鎌倉時代の重要な史料です。これによれば、仁治二年(1241)に叡尊・忍性の非人救済のはじまりが見出せます。この段階では大和国の一地域でのローカルな活動でありましたが、それが建治元年(1275)の清水坂での活動になると、当時の政権からも注目されるような大きな活動になっていき、その中で叡尊は非人に大乗菩薩戒や八斎戒を授けています。

 非人は社会から脱落・排除されていたといっても、収入を得て生活していかなければなりませんから、その人たちは京都の民衆に死者が出た際に遺体の運搬をするなどの仕事に従事していました。また、堂塔供養などの仏事に際しては、非人施行によって供物を受け取るなどしていました。その他、癩病(ハンセン病)の人を仲間に取り込み、京都の町では物乞いをするなどして生活していた実態が知られます。
■ 叡尊や忍性の救済活動の意義
 叡尊の非人救済は、忍性との出会いが機縁になっており、その背景には文殊信仰がありました。非人を取り巻く中世の社会の中で、叡尊は非人たちを集め、「生身の文殊菩薩」に見立てて供養・救済を実践していたことが『感身学正記』に記されています。

 彼らの活動は、例えば遊郭で働く女性がいたとして、彼女らを別の職業に就かせようとする慈善活動とは異なります。遊女だけではなく、非人や漁師など、こうした人々が今生きている身分・職業などの現実をそのまま受け入れ、彼らの生業を認めたうえでその生計を支援していこうとするものでした。

 こうした叡尊や忍性の活動は、仏教の理想にあわせて、現実を変えていこうとする運動ではありませんでした。鎌倉時代の社会の現実が、理想通りにいかないことを実感し、仏教の理想と当時の現実との間で、いかに折り合いを付けるかを課題として活動していました。乞食を生業とする非人への施行も、こうした現実主義的な立場からなされた活動だったのです。

(文責:親鸞仏教センター)

※細川氏の講義は、諸史料を丁寧に提示・読解の上、問題提起を頂いたが、本報告では紙幅の関係で史料の名称等、典拠の表記を省略した。詳細は『現代と親鸞』に掲載予定。また「非人」等の表現については、中世社会の現実を学問的・史料的に検討していく上で、そのまま表記・使用している

Backnember ページトップへ
公開講座 親鸞思想の解明 現代と親鸞の研究英訳『教行信証』研究会
清沢満之研究会 「『教行信証』と善導」研究会会 「三宝としてのサンガ論」研究会」研究会
聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会近現代『教行信証』研究検証プロジェクト
親鸞仏教センター研究交流サロン インタビュー
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス