親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > 研究活動報告 > 聖典の試訳:『歎異抄』研究会
研究活動報告
聖典の試訳:『歎異抄』研究会
 第十三条には、「宿業(しゅくごう)」という意味深い言葉がある。親鸞は使っていない、これは唯円の創作だと考えるひともいる。
 それはともかく、曽我量深は、宿業を運命論ではなく、宿業感として受け止めよ、と言う(『歎異抄聴記』)。現在の苦境は過去世に犯した罪の報いだ、すべては決定しているのだ、という解釈は運命論である。過去世に責任のすべてを押しつけて、現状肯定させる解釈である。
 宿業感はそれと違う。無限の過去から、無量無数の縁によって、「わたし」が「わたし」と成ってきたのだと知り、その事実に感動することである。いわば存在の原点が開かれることである。いま流行の「ビーイング being」と「ドゥーイング doing」に置き換えれば、宿業は、人間に「ビーイング」を開示するものである。「ビーイング」が成り立って、はじめて「ドゥーイング」がはたらき出す。逆ではない。(武田定光)
『歎異抄』試訳 <第十三条> >> PDF版はこちら
原文
 弥陀(みだ)の本願不思議におわしませばとて、悪をおそれざるは、また、本願ぼこり(1)とて、往生かなうべからずということ。
現代語訳
 人間の思慮を超えた阿弥陀の本願が「悪人を救う教え」であるからといって、悪を犯すことを恐れないのは「本願ぼこり」であり、「阿弥陀の浄土へ往生することができない」ということについて。
 この条、本願をうたがう、善悪の宿業(しゅくごう)(2)をこころえざるなり。
 この主張は、阿弥陀の本願への疑いであり、善悪の行為が人間の思いを超えた無数の条件や契機に促(うなが)されていることを理解していないのである。
 よきこころのおこるも、宿善(しゅくぜん)のもよおすゆえなり。悪事(あしきこと)のおもわれせらるるも、悪業(あくごう)のはからうゆえなり。
 善(よ)い行いをしようという思いも、善を促す無数の背景や条件から起こってくるものであり、悪い行いが心に浮かぶのも、思いを超えた無数の背景や条件がそうさせるのである。
 故聖人のおおせには、「卯毛(うもう)羊毛(ようもう)のさきにいるちりばかりもつくるつみの、宿業(しゅくごう)にあらずということなしとしるべし」とそうらいき。
 いまは亡き親鸞聖人は、「兎や羊の毛の先にある塵のような小さい罪(チラッと心をかすめるような悪意)を犯すのも、すべて思いを超えた無限の因縁が背景にあると感知すべきである」とおおせられた。
 また、あるとき「唯円房(ゆいえんぼう)はわがいうことをば信ずるか」と、おおせのそうらいしあいだ、「さんぞうろう」と、もうしそうらいしかば、「さらば、いわんことたがうまじきか」と、かさねておおせのそうらいしあいだ、つつしんで領状(りょうじょう)もうしてそうらいしかば、「たとえば、ひとを千人ころしてんや、しからば往生は一定(いちじょう)すべし」と、おおせそうらいしとき、「おおせにてはそうらえども、一いち人にんもこの身の器量(きりょう)にては、ころしつべしとも、おぼえずそうろう」と、もうしてそうらいしかば、
 また、あるとき聖人が「唯円房よ、あなたは私の言うことを信じ受け入れるか」とおおせられたので、「もちろんです」と申しあげた。そうしたところ、「それでは、私が言うことに背そむかないか」と、さらに重ねて念を押されたので、誓って背きませんと申しあげた。すると聖人は「それではまず、ひとを千人殺してみなさい。そうすれば、浄土への往生は決定するであろう」とおおせになった。それに対して「聖人のおおせではありますけれども、たとえ、一人たりとも私のようなものには殺せそうに思えません」と答えたところ、
 「さてはいかに親鸞(しんらん)がいうことをたがうまじきとはいうぞ」と。「これにてしるべし。なにごともこころにまかせたることならば、往生のために千人ころせといわんに、すなわちころすべし。しかれども、一人(いちにん)にてもかないぬべき業縁(ごうえん)なきによりて、害せざるなり。
 聖人は「それでは、どうして私が言うことに背かないと言ったのですか」とおおせられて、「これによって、わかるでしょう。すべてのことが、自分の思うままになるのであれば、浄土往生のために、ひとを千人殺せと言われたならば、ただちにそうできるはずである。しかし、一人たりとも殺してしまうような宿業の深い背景がないから、殺せないのである。
 わがこころのよくて、ころさぬにはあらず。また害せじとおもうとも、百人千人をころすこともあるべし」と、おおせのそうらいしは、
 私のこころが優しく善良であるから、殺さないのではない。また殺すまいと思っていても、百人はおろか、千人を殺してしまうこともあるのだ」とおおせになった。
 われらが、こころのよきをばよしとおもい、あしきことをばあしとおもいて、願の不思議にてたすけたまうということをしらざることを、おおせのそうらいしなり。
 それは、私たちのこころが善ければたすかるような存在だと思い、悪ければたすからないような存在だと思って、自分の善悪の基準に固執し、広大な本願によって善悪を超えてたすけられることを知らない、ということを教えてくださったのである。
(原文は、東本願寺発行の『真宗聖典』を参照した)
語注
(1) 【本願ぼこり】阿弥陀の本願に甘えて、思い上がり、いい気になること。「悪人をたすけるのが阿弥陀の本願だ」と受け止め、あえて悪事を行い、阿弥陀如来に気に入られようとする邪説。
 唯円は、「本願ぼこり」の主張を批判しつつ、「本願にほこる」ことが、他力の信心であると意味転換していく。
(2) 【宿業】無始已来(むしいらい)の行為や経験の蓄積が、現在の自己となっているという存在理解が仏教の立場である。したがって、現在の行為や経験は、過去の行為や決断の結果の影響を受けるが、「現在」は、善悪の両面の可能性を孕(はら)んでいる。「過去」に対する自己の責任感と、「未来」に対する安心感を包んだ概念である。
(訳・語註:親鸞仏教センター)
Backnember ページトップへ
公開講座 親鸞思想の解明 現代と親鸞の研究英訳『教行信証』研究会
清沢満之研究会 「三宝としてのサンガ論」研究会
「正信念仏偈」研究会源信『一乗要決』研究会聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会
近現代『教行信証』研究検証プロジェクトインタビュー
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス