親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > 研究活動報告 > 聖典の試訳:『歎異抄』研究会
研究活動報告
聖典の試訳:『歎異抄』研究会
 人間救済の原理を第十二条は、簡潔に「本願を信じ、念仏をもうさば仏ぶつになる」と表現する。もっと簡潔に言えば、「南無阿弥陀仏」であり、さらに象徴化すれば「南無」(帰命)ということである。この言葉が、われわれの救済の原理であると深く頷うなずくことを「信」という。別の視座から、親鸞はそれを、「行者のはからいにあらず」(自じ然ねん法ほう爾に)とも表現する。
 「知」は、なんのためにあるのかと言えば、知自身を超えた事実に目覚めるためである。つまり、非知へと超越するためである。決して、人間の知の蓄積や知の内部に価値をおかない。非知を象徴的に語るためにだけ、知は存在価値をもつ。それは、いわば人間の知を捨てることであり、「知」の死である。しかし、逆に捨てられた知こそが、「信」の象徴性を表現するために復活し、創造的にはたらき始めるのだと思う。(武田定光)
『歎異抄』試訳 <第十二条> >> PDF版はこちら
原文
 経釈をよみ学(がく)せざるともがら、往生不定(おうじょうふじょう)のよしのこと。この条、すこぶる不足言(ふそくごん)の義といいつべし。
現代語訳
 念仏だけ称えていても、経典や注釈書を学ばないものは、阿弥陀の浄土へ往(い)けるかどうかわからないということについて。これは、まったく論ずるに値しない誤った主張である。
 他力真実のむねをあかせるもろもろの聖教(しょうぎょう)は、本願を信じ、念仏をもうさば仏(ぶつ)になる。そのほか、なにの学問かは往生の要なるべきや。
 他力真実を説き明かしているさまざまな聖教のこころは、「本願を信じ、念仏を称えれば仏になる」ということひとつである。そのほかには、どのような学問が往生にとっての必要条件になるであろうか。
まことに、このことわりにまよえらんひとは、いかにもいかにも学問して、本願のむねをしるべきなり。経釈(きょうしゃく)をよみ学すといえども、聖教(しょうぎょう)の本意をこころえざる条、もっとも不便(ふびん)のことなり。
 ほんとうに、この教えの道筋に迷ってしまうようなひとは、徹底的に学問して、本願のこころを知るべきである。経典や注釈書を読んで、学問をしていても、聖教のほんとうのこころが頷うなずけないのは、なんとも哀れむべきことである。
 一文不通(いちもんふつう)にして、経釈のゆくじもしらざらんひとの、となえやすからんための名号におわしますゆえに、易行(いぎょう)(1)という。学問をむねとするは、聖道門(しょうどうもん)(2)なり、難行(3)となづく。
 学問・知識もなく、経典や注釈書の論理も知らないひとが容易に称えられる南無阿弥陀仏なので、易行という。学問を第一義と考えるのは聖道門であり、難行と名づけるのである。
 あやまって、学問して、名聞(みょうもん)利養(りよう)のおもいに住するひと、順次(じゅんし)の往生、いかがあらんずらんという証文(4)もそうろうぞかし。
 学問しながら、本来の目的を誤って、富や名声に心をうばわれているひとには、果たして来るべき純粋清浄の生活があり得るだろうか、という証拠の言葉もあるのである。
(原文は、東本願寺発行の『真宗聖典』を参照した)
語注
(1) 【易行】念仏(南無阿弥陀仏)のこと。如来の本願が一切衆生を救うために選び取った行為。いつでも、どこでも、だれでも行え、救済に努力を必要としないので、「易」という。[〈序〉の語註(『親鸞仏教センター通信』〈以下、『通信』と略す〉創刊号)を参照]
(2) 【聖道門】聖道門は自力・難行道で、この世で悟りを開く道である。[〈第四条〉の語註(【聖道・浄土】『通信』第六号)を参照]
(3) 【難行】[〈第四条〉の語註(【聖道・浄土】『通信』第六号)を参照]
(4) 【証文】仏法の道理をあらわすための証拠となる文章。ここでは、『末燈鈔(まっとうしょう)』第六通(『真宗聖典』六〇三頁)、『一枚起請文(いちまいきしょうもん)』(同九六二頁)等を指す。『往生要集(おうじょうようしゅう)』『七箇条制誡(ひちかじょうせいかい)』にもある文で、もとの出典は『大宝積経(だいほうしゃくきょう)』である。
(訳・語註:親鸞仏教センター)
Backnember ページトップへ
公開講座 親鸞思想の解明 現代と親鸞の研究英訳『教行信証』研究会
清沢満之研究会 「三宝としてのサンガ論」研究会
「正信念仏偈」研究会源信『一乗要決』研究会聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会
近現代『教行信証』研究検証プロジェクトインタビュー
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス