親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > 研究活動報告 > 聖典の試訳:『歎異抄』研究会
研究活動報告
聖典の試訳:『歎異抄』研究会
 教えの道筋が、論理として向こう側にあるとき、それは人間を生かす力にはならない。生かす力にならないばかりか、逆に人間を縛るものともなる。教えの論理のとおりに自己を当てはめようとしている段階では、論理は目標であり、人間を呪縛する。目標ということは、生きる指針にはなっても、教えそのものを生きることにはならないということである。それはどこまでも、目標であって、現実にはなり得ていないという矛盾をもつ。その論理が、自己の腑に落ちたときに、初めて生きる力となり、また論理から自由になることができる。この第九条は、親鸞の応答という表現形態をとりながら、教えの論理の呪縛から解放された唯円の生々しい感動を読み取ることができる。(武田定光)
『歎異抄』試訳 <第九条> >> PDF版はこちら
原文
 「念仏もうしそうらえども、踊躍歓喜(ゆやくかんぎ)(1)のこころおろそかにそうろうこと、またいそぎ浄土(じょうど)へまいりたきこころのそうらわぬは、いかにとそうろうべきことにてそうろうやらん」と、もうしいれてそうらいしかば、「親鸞(しんらん)もこの不審(ふしん)ありつるに、唯円房(ゆいえんぼう)(2)おなじこころにてありけり。
現代語訳
 「念仏を称えていましても、かつてのようにおどり上がるような喜びが感じられないのはどうしてなのでしょうか? また、喜び勇んで浄土へゆきたいという心の起こらないのは、どうしてなのでしょうか?」と親鸞聖人にお尋ねしましたら、「私《親鸞》も、このことが疑問でありました。唯円房、あなたも同じ疑問をもたれていたのですね
 よくよく案じみれば、天におどり地におどるほどによろこぶべきことを、よろこばぬにて、いよいよ往生は一定とおもいたまうべきなり。よろこぶべきこころをおさえて、よろこばせざるは、煩悩(ぼんのう)(3)の所為(しょい)なり。
 このことをよくよく考えてみると、教えの道筋からいえば、天におどり地におどるくらいに喜ばなければならないはずです。しかし喜びの感情が起こらないからこそ、よりいっそう弥陀の浄土への往生は間違いないといただくべきでしょう。なぜならば、喜ぶはずの心を喜ばせないようにしているのは、煩悩がはたらくからです。
 しかるに仏かねてしろしめして、煩悩具足(ぼんのうぐそく)の凡夫(ぼんぶ)(4)とおおせられたることなれば、他力の悲願は、かくのごときのわれらがためなりけりとしられて、いよいよたのもしくおぼゆるなり。
 如来は永劫の昔から私たちを見通されて『煩悩具足の凡夫よ』とおっしゃっているのですから、弥陀の他力の悲願は、このような私たちのためなのだと受け止められて、いよいよ頼もしく感じられるのです。
 また浄土(じょうど)へいそぎまいりたきこころのなくて、いささか所労(しょろう)のこともあれば、死なんずるやらんとこころぼそくおぼゆることも、煩悩(ぼんのう)の所為(しょい)なり。
 また、阿弥陀の浄土へ喜び勇んでゆきたいという心が起こらなくて、ちょっと病気にでもなれば、死ぬのではないかと心細くなることも煩悩がはたらくからです。
 久遠劫(くおんごう)よりいままで流転(るてん)せる苦悩の旧里(きゅうり)はすてがたく、いまだうまれざる安養の浄土(じょうど)はこいしからずそうろうこと、まことに、よくよく煩悩(ぼんのう)の興盛(こうじょう)にそうろうにこそ。
 永遠の過去から今日まで、生まれ変わり死に変わりしているこの人間界は、どれほど苦悩に満ちていても捨て難く、どれほど安らかな世界だと聞かされていても、いまだ生まれたことのない阿弥陀の浄土が恋しく思えないのは、本当によくよく煩悩が盛んに起こっているからなのです。
 なごりおしくおもえども、娑婆(しゃば)の縁(えん)つきて、ちからなくしておわるときに、かの土どへはまいるべきなり。いそぎまいりたきこころなきものを、ことにあわれみたまうなり
 しかし、どんなに名残り惜しく思えても、この世の縁が尽きて、なすすべなくいのちの終焉を迎えるときに、阿弥陀の浄土へまいることができるのです。喜び勇んで浄土へまいりたいという心のないものを、ことに哀れんでくださるのです。
 これにつけてこそ、いよいよ大悲大願はたのもしく、往生は決定(けつじょう)と存じそうらえ。踊躍歓喜(ゆやくかんぎ)のこころもあり、いそぎ浄土(じょうど)へもまいりたくそうらわんには、煩悩(ぼんのう)のなきやらんと、あやしくそうらいなまし」と云々
 このようなわけですから、いよいよ阿弥陀の大いなる悲願は頼もしく感じられ、弥陀の浄土への往生は間違いないと思われます。おどり上がるような喜びの心も起こり、また喜び勇んで浄土へまいりたいという心があるならば、それではかえって、煩悩がないのではないかと怪しく思われましょう」とおおせになりました。
(原文は、東本願寺発行の『真宗聖典』を参照した)
語注
(1) 【踊躍歓喜】勇んでおどり上がるほど心身ともに喜ぶこと。『教行信証』(「行巻」『大経』引文)には「歓喜踊躍、乃至一念」とある。
(2) 【唯円房】親鸞の直弟。『歎異抄』の著者といわれている。
(3) 【煩悩】心身をわずらわし、悩ます精神作用。親鸞は「煩(ぼん)は、みをわずらわす。悩(のう)は、こころをなやますという」(『唯信鈔文意』)と述べている。
(4) 【煩悩具足の凡夫】『涅槃経』には、釈迦如来が阿闍世を一切衆生の代表者として「煩悩等(ぼんのうとう)を具足せる者なり」と呼びかけている。(『教行信証』「信巻」)
(訳・語註・補注:センター)
Backnember ページトップへ
公開講座 親鸞思想の解明 現代と親鸞の研究英訳『教行信証』研究会
清沢満之研究会 「三宝としてのサンガ論」研究会
「正信念仏偈」研究会源信『一乗要決』研究会聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会
近現代『教行信証』研究検証プロジェクトインタビュー
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス