親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > 研究活動報告 > 聖典の試訳:『歎異抄』研究会
研究活動報告
聖典の試訳:『歎異抄』研究会
 「親鸞は弟子を一人も持たないというが、たくさんの弟子があったではないか」と尋ねられたことがあった。確かにたくさんの弟子があった。しかし、「弟子一人ももたず」という言葉は、親鸞の受け止めている人間観を語っているのである。あくまで親鸞自身の意識の中では、自分を師匠と考えたこともないし、弟子を持ったという意識もなかったのである。自分は、どこまでいっても「仏弟子」であり、指導者ではないと。指導者と呼べるものは、釈迦であり、阿弥陀如来であると受け止めていた。逆に、自己を仏弟子として見出した人間だけが、結果的に、他者から師匠として仰がれるのである。自分を指導者であると自認している人間は魔性を持つ。親鸞は、その魔性の毒を生涯、見つめていた。(武田定光)
『歎異抄』試訳 <第六条> >> PDF版はこちら
原文
 専修念仏(1)(せんじゅねんぶつ)のともがらの、わが弟子ひとの弟子、という相論のそうろうらんこと、もってのほかの子細なり。
現代語訳
 本願他力の念仏を信奉する人々のなかで、自分の弟子だ、ひとの弟子だという争いがあるのは、もってのほかのことである。
 親鸞(しんらん)は弟子一人(いちにん)ももたずそうろう。そのゆえは、わがはからいにて、ひとに念仏をもうさ(2)せそうらわばこそ、弟子にてもそうらわめ。ひとえに弥陀(みだ)の御もよおしにあずかって、念仏もうしそうろうひとを、わが弟子ともうすこと、きわめたる荒涼(こうりょう)のことなり。
 私《親鸞》は、弟子を一人ももたない。というのは、私の工夫や努力で、ひとに「本願を信ずるこころ」を起こさせることができるならば、自分の弟子であるということもできるであろう。しかし、本願力のはたらきに促されて、本願を信ずることができたひとを、自分の弟子であるということは、とんでもないこころえ違いである。
 つくべき縁(えん)あればともない、はなるべき縁あれば、はなるることのあるをも、師をそむきて、ひとにつれて念仏すれば、往生すべからざるものなりなんどいうこと、不可説(ふかせつ)なり。如来(にょらい)よりたまわりたる信心(3)を、わがものがおに、とりかえさんともうすにや。かえすがえすもあるべからざることなり。
 出遇(であ)うべき縁があればともに歩み、別れるべき縁があれば、別れていくこともある。そうであるのに、師にそむいて、他のひとについて念仏の教えを受けるのであれば、本願の救いを得られないなどと言うことは、まったくの見当違いである。無限大悲に育てられ目覚(めざ)めたこころを、個人的な所有物でもあるかのように、取り返そうとでもいうのであろうか。どう考えても、断じてあってはならないことである。
自然(4)(じねん)のことわりにあいかなわば、仏恩をもしり、また師の恩をもしるべきなりと云々
 人間のはからいを超えた、如来の本願の大いなるはたらきとひとつになるならば、如来の恩を知ることができ、また師の恩をもうなずくことができるのである。
(原文は、東本願寺発行の『真宗聖典』を参照した)
語注
(1) 【専修念仏】自力の諸行を捨てて、本願他力の念仏を選びとること。
(2) 【念仏をもうす】「念仏をもうす」とは、すなわち本願を信ずることである。如来の本願が念仏一行を、衆生を救済するための行として選び取っているからである。
(3) 【如来よりたまわりたる信心】「如来よりたまわる」という表現は、自分に起こったこころが自分を超えた質のものだから、それを「如来よりいただく」と表現する。すなわち、有限な自己に無限なるものがはたらくこと(大悲)に対する感謝を含んだ表現である。
(4) 【自然】願力(がんりき)の自然(じねん)をあらわす。親鸞には自然法爾章(ほうにしょう)(「末燈鈔(まっとうしょう)」「正像末和讃(しょうぞうまつわさん)」)がある。
(訳・語註・補注:センター)
Backnember ページトップへ
公開講座 親鸞思想の解明 現代と親鸞の研究英訳『教行信証』研究会
清沢満之研究会 「三宝としてのサンガ論」研究会
「正信念仏偈」研究会源信『一乗要決』研究会聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会
近現代『教行信証』研究検証プロジェクトインタビュー
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス