親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > 今との出会い > バックナンバー
バックナンバー
[2019年11月1日]:[親子、諸法実相]:一瞬の同時成立
[2019年10月1日]:[女人成仏]:親鸞の「変成男子」の「男子」とは法蔵菩薩のことである
[2019年 9月2日]:[日記、清沢満之、ヘンリー・ダーガー]:ともしびとなる日々
[2019年 8月1日]:[育て]:おそだて
[2019年 7月1日]:[海獣の子供、生まれる]:星の祝祭を手のひらに
[2019年 6月3日]:[令和、「和国」、仏法相続]:「和」の願いを相続する
[2019年 5月7日]:[複数性に耐える]:「共感」の危うさ
[2019年 4月1日]:[根本陸夫と日本プロ野球史、求道、面授]:「寝業師」根本陸夫 ―「道」を求めし者たちが交わらせるもの―
[2019年 3月1日]:[ブッダ最後の旅、阿難、第一結集]:再び王舎城へ―阿難最後の願いと第一結集の開催―
[2019年 2月1日]:[太宰治、魔法少女まどか☆マギカ、愛と愛着]:普遍的な、あまりに普遍的な
[2019年 1月7日]:[オスマン帝国、マムルーク朝、中東の歴史]:マルジュ=ダービクの戦い
[2018年12月1日]:[デヴィッド・ボウイ]:「彼女」はやって来て、そして去って行く――または、生きている終り
[2018年11月1日]:[同窓会]:人生、なるようにしか……
[2018年10月1日]:[深さの次元]:平成、深さ、ティリッヒ
[2018年 9月1日]:[月に吠えらんねえ、一杯の冷たい麦酒と]:ひとりの夢を
[2018年 8月1日]:[日本、国家と宗教、「十方衆生」]:いかなる国を願うのか
[2018年 7月2日]:[想像力、思考停止、ハンセン病]:遺伝性の疾患等の理由で強制不妊手術が行われたという報道に触れて思うこと
[2018年 6月1日]:[釈宗演、鈴木大拙、シカゴ万国宗教会議]:"We shiver and welcome fire."―シカゴ印象記―
[2018年 5月2日]:[法華経、従地涌出品、如来寿量品、曽我量深]:「地涌の菩薩」をどう読むか
[2018年 4月2日]:[大逆事件、女人往生]:「女人往生」について――舞台『彼の僧の娘』を観る
[2018年 3月1日]:[ボードゲーム、仏教の新しい表現]:仏教とボードゲーム
[2018年 2月1日]:[二種の信心]:念仏の奥義、もしくは真宗の簡要
[2018年 1月9日]:[居場所、気持ちのやり場]:自分との対話
[2017年12月1日]:[紙芝居、主人公、ストーリー]:紙芝居
[2017年11月1日]:[11月8日]:そしてハイシャはつづく
[2017年10月1日]:[個人、衆生、救い]:「個人的な救い」から「十方苦悩の衆生の中に自己一人(いちにん)を感じる救い」へ
[2017年 9月1日]:[事実の改竄、民主主義、自分の頭で思考すること]:劉暁波氏の訃報にふれて思うこと
[2017年 8月1日]:[無知、批判、浪人]:無知を「批判」的に自覚する契機―「浪人」ということについて
[2017年 7月1日]:[現代、仏教学]:現代へのまなざし
[2017年 6月1日]:[井上円了、哲学堂公園、精神修養]:哲学堂公園探訪――君は「理想橋」を渡れるか?
[2017年 5月1日]:[真宗学、公開性、浄土真宗とは何か]:真宗学の公開性
[2017年 4月1日]:[往生浄土]:真に願うことは生まれること
[2017年 3月1日]:[労働、独立、家事]:独り立つ「人」
[2017年 2月1日]:[別れ、気づき]:別れと気づき
[2017年 1月6日]:[全体的、本来的]:誰かと生きる時間
[2016年12月1日]:[年間殺処分10万匹]:市場経済とペットの命
[2016年11月1日]:[子ども、遊戯、感応道交]:遊ぶ子どもの声きけば
[2016年10月1日]:[明治哲学]:構造(ストラクチャー)と質感(テクスチャー)
[2016年 8月1日]:[実存]:隠れた自己
[2016年 7月1日]:[寓話、物語、現実]:「群れ」のなかの自分
[2016年 6月1日]:[聞く]:耳の復権
[2016年 5月2日]:[仕事、清沢満之、西田幾多郎]:自分でなければならない仕事
[2016年 4月1日]:[人生の意義は不可解]:真面目か?
[2016年 3月1日]:[有用性、有効性]:最近思うこと
[2016年 2月1日]:[平等]:発想の根本
[2016年 1月6日]:[親鸞、報恩講、出会い、感謝]:寒くない報恩講
[2015年12月1日]:[受難]:キートンは笑わない
[2015年11月1日]:[本当の幸せ、楽しみ]:諸行無常のなかで
[2015年10月1日]:[大人]:大人と子ども
[2015年 9月1日]:[目からウロコ]:見えていないことばかり
[2015年 8月1日]:[明るくなる話題、物語]:二つの「明」
[2015年 7月1日]:[教育、リーダー]:沖縄を訪れて思うこと
[2015年 6月1日]:[親鸞、出会い]:親鸞との出会い
[2015年 5月1日]:[宗教研究、虚学、星野道夫]:「虚学」も案外わるくない
[2015年 4月1日]:[健康、新年度]:神経の筋トレ
[2015年 3月1日]:[柔軟な心]:ソクラテスがやって来た
[2015年 2月1日]:[生きづらさ、価値観]:時代の濁り
[2015年 1月6日]:[風景]:風景
[2014年12月1日]:[おもいこみ]:恐竜に羽毛
[2014年11月1日]:[コーヒー、森博嗣、寺田寅彦]:一杯のコーヒーから
[2014年10月1日]:[死、死者、関係性]:死を受け止める力
[2014年 9月1日]:[欲望、生きること、ナマケモノ]:ナマケモノの8g
[2014年 8月1日]:[国際文化、翻訳、願望]:願いの息の構造
[2014年 7月1日]:[読書、三木清、寺山修司]:書を捨てよ、町へ出よう
[2014年 6月1日]:[哲学]:垂直方向の夢
[2014年 5月1日]:[茨木のりこ、介護、認知症、少子高齢化]:乾いてゆく心
[2014年 4月1日]:[語り、沈黙]:言葉の再生
[2014年 3月1日]:[詩]:詩と真実
[2014年 2月1日]:[驚き、感応・道交]:本を読む
[2014年 1月6日]:[差別]:沖縄の問題に思うこと
[2013年12月1日]:[学習、作文]:格闘技とエッセイの書き方
[2013年11月1日]:[雲、東京オリンピック、司馬遼太郎]:雲をつかむような話
[2013年10月1日]:[小津安二郎、鎮魂]:映画『晩春』
[2013年 9月1日]:[自己責任、今、自業自得]:「自己責任」と「現代」
[2013年 8月1日]:[闇]:黒くぬれ!
[2013年 7月1日]:[不安、緊張、人間関係]:自己顕示欲
[2013年 6月1日]:[迷惑、罪、十字架]:迷惑をかけられない時代と、迷惑な自分
[2013年 5月1日]:[自分らしさ、貪欲、空過]:本当に良く生きる
[2013年 4月1日]:[金融、智慧、大悲]:金融という宗教-edition religion and finance-
[2013年 3月1日]:[いのち、食事]:牛の履歴書
[2013年 2月1日]:[カント、最高善、現世利益]:幸福の願い
[2013年 1月1日]:[情報]:情報のなかにあって
[2012年12月1日]:[月]:月が好きだ
[2012年11月1日]:[宗教、死]:殉教ということ
[2012年10月1日]:[怒り、正義感、インターネット]:「消費」される感情
[2012年 9月1日]:[言葉、インターネット、現代、軽さ]:根無し言葉
[2012年 8月1日]:[立脚地]:沖縄を訪れて思うこと [2012年 7月1日]:[原発事故、二分法、不確実性、メディア]:「イエスかノーか」を超えて
[2012年 6月1日]:[フェリーニ、自由]:サテリコン
[2012年 5月1日]:[アインシュタイン、原発、原爆、平和、ナチス・ドイツ、湯川秀樹、ビキニ原水爆実験、反戦]:アインシュタインの遺言―人間を生きる―
[2012年 4月1日]:[震災]:記憶と物語
[2012年 3月1日]:[社会、自己責任、ニヒリズム]:自己責任という刃
[2012年 2月1日]:[優さ、やさしさ、絆]:「やさしさ」について
[2012年 1月1日]:[震災、新年]:「なかったこと」にできないこと
[2011年12月1日]:[生、死、苦しみ]:生きることと死ぬこと
[2011年11月1日]:[死はいつも自分の隣にある、悼む]:友人の死に接して思うこと
[2011年10月1日]:[信頼の喪失、科学と宗教、凡夫]:危機に陥った「信頼」
[2011年 9月1日]:[法然]:夜ふけの念仏
[2011年 8月1日]:[希望/戦争/原発/震災]:「希望」を超えて
[2011年 7月1日]:[誕生]:草とライオン
[2011年 6月1日]:[バリアフリー、電力]:気づかなかった「前提」
[2011年 5月1日]:[原発、自力、無事、自然【じねん】]:人間の傲り
[2011年 4月1日]:[孤独 時代]:無縁社会の意味
[2011年 3月1日]:[声、自分、他人]:ひとの声 自分の声
[2011年 2月1日]:[幸せ、空遇]:「幸せ」ということ
[2011年 1月1日]:[終末論/差別/社会]:終末について
[2010年12月1日]:[古風な道徳、漱石]:自己を見る眼
[2010年11月1日]:[生きる、時代]:<いま>に思う
[2010年10月1日]:[いのち]:いのちの生命力
[2010年 9月1日]:[脳/故人]:「脳に良い」という言葉
[2010年 8月1日]:[六字名号/松尾芭蕉/皮膚感覚]:message
[2010年 7月1日]:[環境]:エコブームに思う
[2010年 6月1日]:[自由・自分]:自由ということ
[2010年 5月1日]:[愚かさ]:親鸞思想が人を引き付ける理由
[2010年 4月1日]:[思考法]:サバイバル・キット式思考
[2010年 3月1日]:[内面性]:理念との密会
[2010年 2月1日]:[きっかけ 考え方 上司]:上司の言葉
[2010年 1月1日]:[道]:オリジナル
[2009年12月1日]:[常識・時代]:たばこと時代
[2009年11月1日]:[宿業・業縁]:「原爆の図」に思うこと
[2009年 9月1日]:[エコシステム・生活・罪悪]:人間生活の抱える罪悪性
[2009年 8月1日]:[思い出]:下三寸
[2009年 9月1日]:[生きる意味]:生きる意味とは
[2009年 4月1日]:[空想]:陸に上げられた魚
[2009年 6月1日]:[傲慢]:人間の罪業性
[2009年 5月1日]:[時間]:奪われる時間と生きる意欲
[2009年 4月1日]:[育児]:育児の成功
[2009年 3月1日]:[国境]:「故郷」の離合
[2009年 2月1日]:[豊かさ、環境]:環境の有限性から人間の倫理を考える
[2009年 1月1日]:[生きたしるし]:生きることの意味と価値
[2008年12月1日]:[人間関係]:感謝と慚愧
[2008年11月1日]:[自然/科学/教育]:自然をごまかすこと
[2008年10月1日]:[往生]:二重化する生
[2008年 9月1日]:[一番大切なもの]:生と死
[2008年 8月1日]:[物/豊かさ]:豊かさの概念
[2008年 7月1日]:[さびしさ/金子みすず]:さびしさの行方
[2008年 6月1日]:[感覚]:指先の記憶
[2008年 5月1日]:[なつかしさ]:なつかしさの正体
[2008年 4月1日]:[時間/未来]:名前入りの万年筆
[2008年 3月1日]:[絶対の静寂]:永劫回帰の物語
[2008年 2月1日]:[悲しみ]:偽
[2008年 1月1日]:[挨拶]:新年~束(つか)の間の休息から~
[2007年12月1日]:[浄土]:類語辞典を読む
[2007年11月1日]:[直感と思考]:チャンスは、準備された心に降り立つ
[2007年10月1日]:[声]:先生の声
[2007年 9月1日]:[経験]:出せなかった結論
[2007年 8月1日]:[仕合せ]:幸せとは
[2007年 7月1日]:[自然/災害/人間]:1923・2007
[2007年 6月1日]:[成功]:夜明けに笛吹く者たち
[2007年 5月1日]:[仏教]:スピリチュアル・ブーム
[2007年 4月1日]:[感覚]:不安という感覚
[2007年 3月1日]:[人間]:カタカタカタとキーボードをたたく
[2007年 2月1日]:[抽象的思考]:庭
[2007年 1月1日]:[リセット]:新年に想う
[2006年12月1日]:[正義感]:「義憤」の矛先
[2006年11月1日]:[不可思議]:弥陀に出遇う
[2006年10月1日]:[生物/環境]:じっかいの身の上
[2006年 9月1日]:[破滅と救済]:ムイシュキンのこと
[2006年 8月1日]:[情報]:主体的に生きよう
[2006年 7月1日]:[逆観]:石を拝む
[2006年 6月1日]:[未来]:30年後の自分への質問
[2006年 5月1日]:[仏教と人間]:仏の子と仏弟子
[2006年 4月1日]:[染まる]:泥に咲く華
[2006年 3月1日]:[地名と文化]:「無個性」的な地名と人々?
[2006年 2月1日]:[風]:景気回復?
[2006年 1月1日]:[排除と共存]:平均的日本人
[2005年12月1日]:[退屈]:信仰の背骨
[2005年11月1日]:[立脚地]:安心して迷える道
[2005年10月1日]:[無言の癒し力]:猫菩薩
[2005年 9月1日]:[環境]:この地球は誰のものか
[2005年 8月1日]:[転機]:「正論」が正論として響かないのはなぜか
[2005年 7月1日]:[想像力]:「退屈」のススメ
[2005年 6月1日]:[ニート]:生きようとする意欲
[2005年 5月1日]:[暮らす]:日常のなかから
[2005年 4月1日]:[仕事]:仕事の成功
[2005年 3月1日]:[回復]:関係性をとりもどそう
[2005年 2月1日]:[永遠]:イマジネーション・パワー
[2005年 1月1日]:[問うということ]:どう?
[2004年12月1日]:[顔]:見るということ
[2004年11月1日]:[生と死]:ある雨の翌日に
[2004年10月1日]:[痛み]:つながりを生きる
[2004年 9月1日]:[価値]:生き抜く力
[2004年 8月1日]:[学校]:学生のころ
[2004年 7月1日]:[名まえ]:七歩目を歩こう!
[2004年 6月1日]:[自身]:はだか
[2004年 5月1日]:[メディア]:テレビと家庭
[2004年 4月1日]:[帰る]:行くこと、帰ること
[2004年 3月1日]:[普通]:普通、フツー、不通
[2004年 2月1日]:[生活]:スロー・ライフ、スロー・シンキング
[2004年 1月1日]:[感性]:深く知る――開眼
[2003年12月1日]:[科学]:調和という名のもとでの追従
[2003年11月1日]:[音楽]:小さな翼
[2003年10月1日]:[解放]:道草をしよう!
[2003年 9月1日]:[孤独]:「孤独」と向き合う
[2003年 8月1日]:[恋愛]:恋の炎
[2003年 7月1日]:[仕事]:仕事、好き?
[2003年 6月1日]:[つながり]:連綿-ながくひきつづいて絶えないさま
ページトップへ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス